スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

用無しのままでいて欲しい本 

本というのは、結構重いものなので、たくさんあると大変なものだと思う。
阪神・淡路大震災の時には、本棚から飛び出してきた本が寝ていた私の頭上数センチのあたりにどっさり積み重なっていたのを見て、頭に直撃していたらマジにやばかったかもと思ったものだ。あるいは、東京に住み始める前にほぼ連続で2回引っ越しをした時にも、(かなり沢山実家に残してきても、なおかつ)連れ出したかった本が重くて重くて、本をあまり貯めこむと大変な目に遭うことが身にしみたものなのに。

予想通りと云うべきか、過去の苦い経験はあっさり忘れ去った様子で、本が増殖してしまった。世の中には、読み終わった本を割とすぐに古本屋に出せる、うらやましい人がいるようだが(私の友人にもいるが)、私自身は不幸にして気に入った本は繰り返し読み返したいタイプなので、今現在、実家に置いてきた本まで帰省ごとにもってくる始末。。。
…さすがに、気に入らなかった本は古本屋に出そうと思ってるんだけど、暇がない(^^;

増えたなー、本棚買わなきゃな(でも買ったら、それが直に一杯になるのを見て鬱になるんだろうか)と思いつつ、手近にあった本を、何の気無しにパラパラとめくる。

藤原肇氏の著書「小泉純一郎と日本の病理」
…何でこんな本まで買ってるんだー(笑)。
さすがに、この本は今後、用はないだろうな(←切なる願望)。


それなりにフムフムと読んだ本だけど、作者の欧米的な価値観への派手であからさまな礼賛にはちょっと引いた本。
パラパラとめくると、「歴史教科書問題」という小見出しが目に飛び込んできた。

小泉純一郎氏の祖父、又次郎氏に関する記述だった。
1905年秋、日露戦争を終結させたポーツマス条約で賠償金を取れなかった事に憤った大衆が内務大臣官舎や警察を焼き討ちにしたのが、日比谷焼き討ち事件。それをきっかけに沸騰したポピュリズムや国粋主義。それを背景に、1910年大逆事件が起こり、その判決の頃。
 読売新聞が尋常小学校歴史の教本の中に南北朝対立の時代という記述があるのがけしからんとして論難し、南朝という言葉が教科書から削除され、吉野朝という記述に改訂されたそうだ。その他、この頃の教科書では、良心的な歴史学者の学術的な見解を無視し、神話混じりの記述を使って、国民を教育していったという。
 つまり、日露戦争後に盛り上がった国粋主義が、教科書を偏向だと攻撃した歴史教科書問題がこの頃にもあったと。そして、この本は2005年10月付け発行の本だが、著者はこの項で南京事件や「慰安婦」問題にも言及し憂いていた(執筆終了時点は9/11直後)。

それから…1年9ヶ月ほど?
ここまでの展開をするとは、藤原氏は予想しただろうか。
スポンサーサイト
[ 2007/06/15 00:00 ] 四方山話 | TB(1) | CM(7)

本ですか   No. 997

引越しの時に、本の入った段ボールだけやたら重いのですよね(笑)。下手をすれば底が抜けてオモシロイ大変なことになってしまいますし。(足の小指を本の角が直撃とか)
そんな訳で、立ち読みで済ますことがすっかり多く。ええ、休みの日は開店から閉店まで直立不動で(笑)。

吉野朝という言葉は小学校でやった記憶がありますね。
教科書の「アジア進出」という言葉を消して、侵略と書き直すようなお子でしたが。(新聞で家永裁判などを読んでいたので)
[ 2007/06/15 01:10 ] 5X5MRA9A[ 編集 ]

吉野・・・といえば   No. 1000

冷奴に鰹節とネギ(もちろん青ネギ)をのせ醤油をかけ
それらを潰して混ぜたものを、ご飯にのせる
世間ではたぶん猫マンマなんて呼ばれるものを
私の母は「吉野ご飯」と呼んでいましたよ。
名前を変えるだけで、なんだか上品なもののように感じる。
実際わが家でも
世間では「そんな下品な食べ方をしてはいけない」と注意するのであろう母が
「疲れてるなら、吉野ご飯にして食べたら?」なんて勧めてましたから。

教科書もそれが狙いですか。
[ 2007/06/15 09:42 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

読みたいものが多すぎて、時間が足りません…   No. 1004

>人生アウトさん

引っ越し時には、本だけを入れると重いから、衣類の段ボールに分散して入れるという技を編み出しましたが(←大げさ)、それで追いつかない量を貯めこむと大変です。
買い込まないで立ち読みですまそうにも、読んで気に入ると、いつの間にかレジにもってって、お持ち帰りとか(笑)。
もちろん古本を売りに行って、それ以上の冊数をお持ち帰りとか。
かなり根本的なところで収集癖という病があるような気がします。
おまいはカラスか!とセルフツッコミが入ってしまうんですよ。


>さくらさん
猫マンマは、うちの近辺ではご飯に醤油がけの鰹節ですねぇ。
そんな豪勢なご飯は、私の育った文化圏(大体、大阪府の真ん中からちょっと北のあたり)では猫マンマと呼んでいませんでした。大体、猫にネギはヤバイですから。
青ネギというところが、とても関西風で良い感じ。美味しそうなので、今度やってみます(^^;
でも、本当に、何故、それが「吉野」?
見た目、ソメイヨシノに似ている…様には見えないですね。

教科書は、北朝が正当で南朝はそれに(同等のものとして)並び立つものではない、だから吉野朝、といった感じのようでした。
[ 2007/06/15 12:47 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

吉野朝ごはん   No. 1008

よし! これから朝食べるおかかのっけごはんを「吉野朝ご飯」といおう。と暇な決意はともかく・・・。

今の皇室は北朝の裔であらせられるけれども、戦前は「大日本史」、水戸史学なんぞの影響で、南朝が正統、北朝は閏(これがよくわからない)の正閏論が主流だったんじゃないかな。その時代は京都でなく吉野に正統の皇統が御伝え遊ばされたことを尊んで「吉野朝」とは申しはべるなり。

楠何とか隊なんて民族派右翼さんの団体があるように(菊水○○という団体も日本酒を飲もうというのではなく楠氏の家紋にちなんだのだと思う)、南朝が正しいというのが戦前のスタンダードで、それでなんで今の皇室を尊崇したのかはよくわからない。両朝合体したからいいということなのかな。
[ 2007/06/15 15:43 ] VWFaYlLU[ 編集 ]

関西人で~す   No. 1011

私は河内生まれの泉州育ちです。(現在は東京在住)
だから、青ネギなんです(笑)
っていうか、生の白ネギが辛くて食べられません・・。
何がどう吉野なのかは、私もさっぱり分かりません。

南北が対等に並び立っていたら万世一系じゃなくなって困るってことですか。
[ 2007/06/15 17:15 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

にゃんこ飯…   No. 1017

>kuronekoさん

うーん、何がけしからんと教科書問題になったのかよくわからなくなってきましたけど、とりあえず、南朝という表現があかんかったらしいです。「南朝が正しいというのが戦前のスタンダード」があったんなら、吉野朝という表現が尊称(?)っぽいけど、それだったら当時の今上に対して失礼っぽいですねぇ。
後でも一回該当箇所読んでみます。


>さくらさん
東京では、青ネギもなければ薄口醤油も売ってないのだろうかとびくびくしながら移住してきたのですが、普通に売っているんですね、今時は。
でも、今の季節、私はハモが食べたい! もちろん梅肉醤油で!

とりあえず、教科書問題は、南朝北朝が同等だといかんという難癖のようでした。
[ 2007/06/15 18:02 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

該当箇所、文章そのまま   No. 1029

P.33
(読売新聞が尋常小学校日本歴史の教本の中に、南北朝対立の時代という記述があるのがけしからんとして、「これは重大問題だ」と論難した)これに便乗するものがたちまちにして現れた。早稲田大学の牧野憲次郎・松平康国らが代議士藤沢元造を動かし、国会の問題にまで発展させたのである。執筆者の喜田貞吉と三上参次は派、南朝正当論が儒教の大義名分論から出たもので根拠がなく、事実は天皇家が二流に分かれて抗争していたのだと主張した。桂内閣はこれにたいして幸徳事件と同じ方法を用いた。つまり、事実かどうかを調査するのではなく、いきなり喜田を休職処分に処し、たちまち後任を決めて教科書を改訂した。南朝という言葉を除き吉野朝に改めたのである。
[ 2007/06/16 07:11 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/168-1c99d6ed


サイコパス企業 追記です

前エントリー「新自由主義が生んだサイコパス企業」の追記です。 コムスンの実態について、不明なところや疑問点について、さらに詳しく話しを聞いてみて分かったこと。  早番: 7:30~16:30 遅番: 9:00~19:30 
[2007/06/15 01:19] URL とむ丸の夢












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。