スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

出てしまいました(涙) 

2007/06/11 09:30  共同通信
野生カエルで初確認 高率で感染死のツボカビ

___________引用開始
 両生類を90%以上の高率で死なせるカエルツボカビが国内で確認された問題で、麻布大(神奈川県)と国立環境研究所(茨城県)などのチームは11日までに、神奈川県内で捕獲した野生のウシガエル4匹のツボカビ感染を確認した。国内の野生カエルでは初めて。(中略)
 また千葉、茨城、埼玉、沖縄の各県で捕獲し、業者が一時的に飼育していた野生のカエルとイモリ計38匹からもツボカビ遺伝子を検出。飼育中に感染した可能性はあるが、野外での感染も否定できないという。
___________引用終了

以下に追記。 WWFの「カエルツボカビフォーラム2007を開催!」より

___________引用開始
野生のウシガエルからツボカビを検出

(前半略)
 研究チームは、神奈川県内で捕獲された野生のウシガエル4匹から、ツボカビが確認されたことを発表。いずれの個体も、ツボカビ菌が検出されたのみで、ツボカビ症という病気を発症していたわけではありませんでしたが、国内の野生のカエルでは、初めてとなるツボカビの感染例を明らかにしました。

 今回、研究チームが検査したのは、9つの都県から集められた、23種、132個体のカエル、イモリなどで、いずれも、ペットショップやオークション、協力者からの提供、死体の状態で野外で採取されたものです。

 ツボカビが検出されたウシガエルのほか、アカハライモリやシリケンイモリ、タゴガエル、ニホンアマガエル、ヒキガエル、オキナワアオガエル、カジカガエル、計38匹からも、ツボカビが検出されましたが、これらはいずれも飼育・流通していた個体であったことから、研究チームでは、人の手を経由した流通の過程で感染した可能性も高いと見ています。

  早急な対策を!

 これらの個体は、いずれもツボカビが検出されたのみで、病気の発症は見受けられませんでした。また、採取や飼育されていない(人の手に触れていない)野生の日本産のカエルからは、まだツボカビ症は見つかっていません(ウシガエルは外来種)。

 しかし、流通過程にあった個体とはいえ、高い率で日本のカエルからツボカビが検出されたことや、その中にはオキナワアオガエルやシリケンイモリなど、南西諸島に生息する希少性の高い固有種も含まれていることは、今後、問題が深刻化する可能性も否定できない事を示唆するものです。(後略)
___________引用終了
スポンサーサイト
[ 2007/06/12 17:44 ] 備忘録 | TB(4) | CM(2)

まずい・・・   No. 966

共同通信の記事は読んでいて「まずいぞ!」と思ったのですが、WWFのほうは初めて読みました。
しばらく輸入は一切禁止、とか、できないのでしょうか?
かなり、心配。
[ 2007/06/12 22:17 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

輸入禁止は難しいと思います   No. 971

>gegengaさん
コイヘルペスの時だって、あれだけ大騒ぎで、産業に打撃でも結局輸入禁止とかできなかった記憶が。ヒトに感染する病気だったら、かなり素早く対応するのでしょうけどね。

ツボカビの場合、農水省の担当じゃない、厚労省の担当でもなく、環境省の担当になる筈ですよね。そして、使える法律は外来法ぐらいの筈。外来種としてツボカビを指定という話もフォーラムでは出ているようですが、外来種選定の方ではカビの分類群専門家グループがないし。

両生類を全部輸入禁止にしてくれないものかと思っても、外来種選定のグループ会合は爬虫類・両生類グループが平成19年4月24日に開かれてはいるんですけど、ツボカビは話題に出てない様子だし…(涙)。そして、外来種に指定されれば輸入禁止にはなるけど、飼育も申請登録制になる分、野外遺棄が増える様なんですよ~。日本の動物飼育者って、ホントに無責任な人が多いから。。。
[ 2007/06/13 02:25 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/167-f1457625


日本産両生類絶滅の危機、16の研究機関や団体から緊急事態宣言

2006年12月25日、海外で両生類の絶滅に原因として大きく関与している「カエルツボカビ症」の国内侵入が確認されました。麻布大学獣医学部に持ち込まれた、東京都内でペットとして飼育されていたカエルの死体から診断され明らかになっ
[2007/06/12 17:53] URL 13日の水曜日

ストライクゾーンど真ん中…

わたくし、基本的に背骨があって体温があって赤血球に核が無い生き物が好きなんですけど。こちらの方には惚れました。綺麗な色だなぁ。岩手日報5/18日付の記事です。
[2007/06/12 18:17] URL 13日の水曜日

カエル君達の悲劇

参議院選まで後一ヶ月・・・・・・昨日は年金問題で、お玉自身が身に覚えのない年金未納部分が見つかってショックを受けてました・・皆さんも是非一度社会保険庁で調べてみてね。「うちは年金手帳があるから大丈夫!」はぜんぜん大丈夫ではありません・・・人気ブログラ....
[2007/06/12 18:24] URL お玉おばさんでもわかる政治のお話

国立環境研究所

国立環境研究所国立環境研究所(こくりつかんきょうけんきゅうじょ、英称:National Institute for Environmental Studies)は、茨城県つくば市に存在する日本の独立行政法人の一つで環境問題に関する公的研究機間。略称は国環研、NIES。沿革*公害問題に
[2007/08/18 04:39] URL さくらのブログ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。