スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武力で侵略される事態を具体的に想像する様になるとはね 

2007年05月25日の定例会見で、防衛省の空幕長が「クラスター爆弾で被害を受けるのは日本国民。国民が爆弾で被害を受けるか、敵国に日本が占領されるか、どちらかを考えた時、防衛手段を持っておくべきだ」と発言したそうだが、それを聞いた時に思わず、勝手に決めないでもらえませんか。間違って爆発する不発クラスター爆弾で吹っ飛ばされるの嫌です。すみませんけど私は占領される方がマシな気がします、と、思ってしまった。

(追記;なお、この発言は不発弾による深刻な人道被害が問題となっているクラスター爆弾の禁止を目指して23日から開催されていた「クラスター爆弾禁止リマ会議」会期中に発せられたものであり、この航空幕僚長発言は、同会議に出席していた英国上院議員より「日本国内で使えば市民の犠牲は免れない。軍の論理より民間人への犠牲を最大に配慮すべきだ」、NGOの連合体「クラスター爆弾連合」のコーディネーター、トーマス・ナッシュ氏からは「信じがたい発言。日本を占領できるほど軍事力を持つ敵だったら、クラスター爆弾程度で撃退できるわけがない」と批判されている。

どこかの国が、どこかの国に武力侵攻する事態を考えた場合。
ここ数年の日本国内の報道で判断するに、武力で他国に侵攻した回数が多い国と言えば、あの国、だろう。そして、あの国が武力侵攻する大義名分は、民主主義の推進、じゃなかったか(少なくとも最近のは)。
侵攻先は、あの国が民主主義が不十分(ちょっと変な表現だけど)だと見なした、独裁国家と見なされた国。もちろん、あの国だけではなく、他の「西側諸国」などもよってたかってフクロにしてしまった。大義名分が成立していた(事になってしまっていた)から。

一方、あの国以外が国際世論に逆らって侵攻した例も、確かに記憶している。
それってどうなった?
多国籍軍が介入し、最終的には武力侵攻した国が国際的に制裁を受けたと記憶しているけど。つまり、大義名分のない武力侵攻なら、国際世論を味方につける事で短期間で解放されうると見ることができる。

だから、いまの時代に、他国から武力占領をうけないように立ち回るには。
「この国は、他国を武力で脅かすことも、独裁政権で自国民を害することもない、平和な民主主義国家」という評判を国際的に確立し、他の国と仲良くしておく方が、安全に暮らしていくために効果的な手段となるだろう。

もちろんその為には、諸外国から「日本って民主主義の根付いていない人権後進国」と見なされるような動きは止めた方がいい。国連人権委員会から勧告を受ければ、それに誠実に対応しておいた方がいい。それをしない日本の政治指導者や行政担当者がいれば、それに対し、声を上げて批判しておいた方がいい。
それが、日本で暮らす者自身が平和に暮らしていけるためには必要なこととなるだろう。

なのに、この国の現政権がやっていることはどうだ。
まさに、あの国が侵攻先に選ぶ国にそっくりになるように、政治を動かしてやしないか?
こっちの方が、危なかったりしてね。大体、武力衝突を防ぐために、国際政治の場で外交技術を駆使すべきと思うのだけどね。そのための専門家として、税金から給料もらってる人達がいるじゃないか。
さぼんないでね。


というようなことを、うちゃさんのこのエントリを読んでつらつらと考えたのだった。論点がずれた上に長くなってしまったから、自ブログにて。武力侵攻をうけた場合の対処を考えるのは必要な事だと思うけど、でもその前段階でなんとかならないものかと、そちらに注意が向いてしまったので。

お花畑の理想論と思われても一向にかまわないけど、理想は実現しないと諦めるべきものじゃないだろう。
D_Amonさんのエントリのコメント欄で、深くうなずいたやりとりが、こちら。
「今現在我々が暮らしている社会は過去においては理想とされ、当時の現状追認主義者からは鼻で哂われていたと。日本でも一定の年齢以上の国民が所得も性別も関係なく立法にたずさわる人間を選べるようになったのはここ数十年のことですし、世界で雇用主が被雇用者を好き勝手にクビに出来ないようにするには百年単位の時間が掛かっています。(by bat99さん)」
「今現在、私たちが暮らしている社会は過去からの様々な理想の実現の積み重ねの上にあるわけです。理想の失敗例が数多くあることを理想の否定に用いるのは事例の恣意的選択というものです。(by D_Amonさん)」
スポンサーサイト
[ 2007/06/07 12:59 ] 四方山話 | TB(2) | CM(13)

オルタナティブ   No. 929

はじめまして。
理想はただ否定するものではなく、その有用性と実現性を考え実現するための現実的な方法を模索するべきものだと思います。
理想はこの社会をより良くするためのアイデアであり、そのアイデアをただ「理想に過ぎない」という理由で否定するのは論理的に無意味で情報的な価値がない行為というものです。
そういう物言いが通るのも「理想は馬鹿げたもの」という(既得権の維持に役立つ)考えが世の中に蔓延している証なのかもしれません。
[ 2007/06/07 15:26 ] aH0mgdRU[ 編集 ]

戦後レジームのありがたさ   No. 930

>D_Amonさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
いつも、キャラ弁のできばえに感動しつつ、ダマシダマサレ論等、興味深く拝見しています。最近は、論座に文章載せた人の話も大変興味深く…。


>理想はこの社会をより良くするためのアイデアであり、そのアイデアをただ「理想に過ぎない」という理由で否定するのは論理的に無意味で情報的な価値がない行為というものです。

本当にその通りだと思います。
でも、解っているはずなのに、理想を馬鹿げたものとする人達の声は大きいのですよね。改めて言葉として発してくださる事を、非常に価値のあることだと思い、思わず紹介させていただきました。
どうもありがとうございました。
[ 2007/06/07 18:39 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

はじめまして   No. 931

言及とトラックバックありがとうございました。蝙蝠(bat99)と申します。

田中芳樹の銀河英雄伝説に出てきた言葉で、
「民主主義国家において軍隊が存在する理由は民間人を守るためだ」(うろ覚えで書いていますので大意ですが)
というものがありましたが、この言葉も作中の人物は建前と表現していました。
ただ、主人公がその建前を本気で信じ、一度ならず実行してきたことは語り継がれなければならないとも。
軍隊という暴力装置が本気で必要だと考えるのならば、建前と理想は絶対に外してはいけない看板だと考えます。
空幕長の言葉は自らの依って立つ根拠を否定してしまっていると思うのですが。
[ 2007/06/08 02:18 ] -[ 編集 ]

自衛隊の   No. 932

市民団体監視などを見るにつけ、もうとっくにこの国は「敵に占領」されていると感じます。お政府様帝国に。

仮に第三国が日本に武力侵攻したとして、私達にとっては支配者が変わるだけです。
しかし、現・お政府様帝国にとっては、追放されたり処刑されたりの憂き目に遭います。何より、どんなひどい目にあっても「お政府様万歳!」の馬鹿な日本人から、利益を吸い上げることができなくなります。

だから彼らは、必死で自分(だけ)の生命と財産を守るのです。日本に住む人間の命は、彼らにとって弾よけでしかありません。
[ 2007/06/08 12:06 ] 5X5MRA9A[ 編集 ]

公民未履修疑惑のお偉いさん達…   No. 934

>蝙蝠さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
国歌斉唱の強制などでも、銀河英雄伝説でヤン・ウェンリーが起立拒否したシーンを思い起こすことが多い昨今です。

>「民主主義国家において軍隊が存在する理由は民間人を守るためだ」
防衛相が海上自衛隊の辺野古沖出動時に、その法的根拠を「具体的に断定できない。理屈付けはいくらでもある」と言い出し、
http://megalodon.jp/?url=
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007051802017127.html&date=20070518215347自衛隊情報保全隊が市民活動を大規模に監視していた
http://www.jcp.or.jp/tokusyu-07/19-jieitai/index.html
なんて話が出ているようでは、この国の政治指導者と自衛隊の上層部は、その建前の存在すら知らない(のか知らないふりしている)のかと疑念に駆られてしまいます。
私は近代史に明るくありませんが、日本の軍隊が組織として民間人を守った前例ってあったのでしょうか。真っ先に逃げた話なら聞き覚えがありますが。
今後も解ったもんじゃなさそうな悪寒がします。



>人生アウトさん
>仮に第三国が日本に武力侵攻したとして、私達にとっては支配者が変わるだけです。
支配者とは呼びたくありませんが(笑)、要は税金の払い先が変わるぐらいのものではないでしょうか。私は、別に日本地方在住でかまわないのですけどねぇ。不満があれば「逃散」を検討で。

それにしても、年間3万人も自殺者が出ているのに有効な策を打てず、格差の拡大も少子化もむしろ促進しているのかと首をかしげる状況で、巻き上げた年金は不払いを目論んで、なのに、それの実行者を選挙で権力を与え続ける国民ってすごいですねー。あ、そういえば、水葉さんのところで年金問題へのコメントつけている方がいらっしゃいましたけど「そもそも1人の人が複数の年金番号を持っていたから混乱が生じたわけで、最初のシステム設計がおバカすぎちゃったんだと思います。で、ちょっと調べてみたら、その国民年金法が制定された1959年当時の首相はナント岸信介でした。」って事でしたね。
随分前から「敵」に占領され続けているものです。
[ 2007/06/08 17:51 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

海上護衛戦   No. 936

>日本の軍隊が組織として民間人を守った前例ってあったのでしょうか。
大井篤さんの「海上護衛戦」でそういう例を見つけることができます。海上輸送ルートの護衛任務ですから当然ですが。これが主流になれなかったところが不幸ですね。
[ 2007/06/08 18:36 ] -[ 編集 ]

非・民主主義国家には言及すべきじゃなかったですね   No. 938

手元の森本忠夫氏の著作によると、もともとが無資源国である日本の日中戦争突入時の鉄鉱石の輸入依存率は52%、その他金属鉱石も似たようなもの。重油は約80%海外に依存。大井氏が任務に就いていた時点で重油や鉄鉱石が国内生産に切り替わってるわけはないと思われますから。
…護衛対象は「戦争を継続するため」の物資輸送業務に就いていた商船ですよね。

とはいえ、その時点では民主主義国家ではありませんから、「民主主義国家において軍隊が存在する理由は民間人を守るため」の文脈で、旧日本軍にまで言及するのは不適切でしたね。
引き揚げ者から「あいつら、女子供をおいて真っ先に逃げた」という話の印象が強くて真っ先に浮かんだので、つい、出してしまいました。
[ 2007/06/09 01:52 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

大井氏も嘆いてましたが   No. 940

>…護衛対象は「戦争を継続するため」の物資輸送業務に就いていた商船ですよね。
そらまあそうなんですが、当時においても食糧輸入国だったので、食糧輸送の護衛もしてました。終戦間際はこれすら滞るようになっていたのですが。「重油と鉄鉱石があれば戦争が続けられると思っているのか」というようなことを書いていたような……。
戦争を遂行するためとはいえ、軍隊だけで戦争ができるわけじゃないことを理解していた数少ない軍人だったみたいです。
[ 2007/06/09 06:09 ] -[ 編集 ]

当時においてすら食糧輸入国   No. 942

防衛省の空幕長に、大井氏の薫陶が行き渡っていないのは確実で、こんな連中に軍事力を扱って欲しくないものですが。


↑と同じ本での輸入依存率は、米で1.2%、小麦12%、採油用種子52%、大豆50%ってところで、農産物も確かにかなり依存していましたね。…1940年の日本における第一次産業従事者比率は約44%で、アメリカなどよりはっきり大きかったのに(でも、1935年の農業用地における人口密度は、アメリカの12倍)。
一方、第二次産業方面の数字としては、鉄・合金鉄生産量を1930年で比較すると、日本が約120万トン、アメリカ約3226万トン。
農業も弱ければ工業も弱かった訳で。
…大井氏の様な方がもっと沢山いらっしゃっても、どうしようもなかったのでは。
[ 2007/06/09 18:10 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

やけっぱちかな?   No. 944

自国の軍隊(「軍隊」は違憲のはずだけど)に殺されても外国の軍隊に殺されても同じこと。なら、軍事費を別のことにまわすほうがいい、と思うこの頃です。

私も、孤立しないで尊敬される国になること、外交が大事だと思います。
[ 2007/06/09 22:00 ] WASTBg2I[ 編集 ]

自衛隊、のはずなんですけどねぇ   No. 945

>ヘリオトロープさん
こんにちは。
自衛=「自分の力で自らをまもること」。
なのに、クラスター爆弾を持つことを動かさない選択肢として、国民が爆弾で被害を受けてもかまわないなどと発言するとは。
まもる「自ら」には、国民が含まれていないと明言しているわけですね。
それとも、看板に偽りのある嘘つき集団なんですかね?

軍事費にかけるより、海外で活動する人道支援NGOにてこ入れする方が生きたお金の使い方になるような気がします。
[ 2007/06/10 10:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

まいど!   No. 957

ご意見納得!
うちのページにリンク貼らせて頂きました。
それから、パンダくんは、大人気でじわじわ広がりをみせています!
私の所はまー3日に1回は登場しますね。
貼り方まで、頼まれもしないのにお知らせして回っています。(お調子者です・・)
だって可愛いんだもん!!
[ 2007/06/11 19:11 ] N0YlkwU2[ 編集 ]

どうも   No. 958

>abi.abiさん

漠然と考えていたことを文章にしてみただけの、半分(以上?)独り言みたいなエントリーなのに反応が大きくて、書いた本人が焦ってます(^^;
いや、そりゃ、言及させていただいたブログさんにTB送ったの、私なんですけどね。

パンダバナーは、まずは、今の憲法に何が書いてあるかを知ってもらえるきっかけになるといいですね。どこでだったか、(無くても良い)30条って自衛隊のこと?と書いてらっしゃるコメントも見かけましたので。
[ 2007/06/12 12:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/160-d0abd9e9


国民の税金で活動している公僕が、有権者で納税者で主権者である国民を敵とみなして監視しているわけですね

「クラスター爆弾で人が死ぬことに鈍感な日本国と防衛省と自衛隊」http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-239.htmlという記事(前回は書きかけでしたが、やっと最後まで書き終えましたので、もう一度ご
[2007/06/08 01:58] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

むき出しの資本主義の病理

6日、米通商代表部スーザン・シュワブ代表が、今秋に予定されている日本の郵政民営化について、「日本政府は公平な競争が促進されるように条件を整える必要がある」と述べ、「高度の透明性を確保し、市場への監視体制を整えねば
[2007/06/09 22:19] URL とむ丸の夢












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。