スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

石原トチジからの「慰安婦発言」(07/05/20追記有) 

古森記者に続き、またこういう発言出ました…

「従軍慰安婦問題、『軍が調達した事実はない』 石原知事」 (元記事魚拓
asahi.comの2007年05月18日10時37分から。

______________________引用開始
 ニューヨークでの世界大都市気候変動サミットに参加している石原慎太郎・東京都知事は17日、日米交流団体「ジャパン・ソサエティー」の会合に出席し、従軍慰安婦問題について「軍が調達した事実はない」と述べた。

 講演後、報道陣に認識を問われた石原知事は「戦争中に軍がそういう女性たちを調達した事実はまったくありません。ただ、便乗して軍にそういうものを提供することを商売にした人間はいましたな」と答えた。

(後略)
______________________引用終了

つっこみは後ほど。


以下、07/05/20追記

後でつっこもうと思っていたものの、すでにな方面の皆様から、どこかの串刺し手品のように隙間無くつっこみが入っています(笑)。
実のところ、他にどういう言葉を使ったのか知りたくて朝日以外の報道を待っていた面もあったのですが、なぜか他社報道は(現時点で)……時事ドットコム(2007/05/18-11:53)で「日本核保有の可能性も=中国の「軍事冒険主義」を警戒」として「米中間で全面戦争が起きた場合、「7000万人を殺してはばからない人(毛沢東主席)を国父と仰いでいる共産主義政権に米国は対抗できない」と主張したなんて報道だったり、

読売オンラインによると「石原知事、米の日本防衛に懐疑的見方…NYでの講演で」として「日米安保条約に触れ、『台湾や尖閣諸島での有事の際に、米国が日本の防衛にどれだけ責任を持つかは極めて疑問だ』としたうえで、『米国が日本を守らないのなら、自分で何とかする。それは、米国が懸念する核保有につながるかもしれない』と述べた」そうで、

産経WEBだと「石原都知事、NYで講演 米が責任果たさぬなら核保有も」として、読売の報道と大体同じようなことに加えて「朝鮮半島の核問題を話し合う6カ国協議についても『米国の姿勢はあやまり』と指摘。講演後記者団に『北朝鮮は約束を履行していない。米国は手玉にとられている』と北への譲歩姿勢を批判」したのだそうで、まぁ、言いたい放題ふいてきたそうなので、「慰安婦」の件も、言ったんだろうなとは思いますが。
ニューヨークタイムズその他も一通り検索してみたけど石原のいの字もなかったなぁ。
スルーしてもらったのなら、それはそれでよかったと評すべきか。スルーしてもらえなかったら、非難決議案賛同者が増えるだけだし。


それにしても、トチジは、一体、どういう根拠で「戦争中に軍がそういう女性たちを調達した事実はまったくありません。ただ、便乗して軍にそういうものを提供することを商売にした人間はいましたな」と言い出せるのやら、まったく。。。彼のライバル(?)の東国原知事も「従軍慰安婦が実際に存在した歴史的確証がない」「合法的であった売春婦が日本に出稼ぎに来るのに、何の問題もなかった。」と発言していたそうですが、同レベルですな。

軍が関与して、女性を集めて「慰安婦」になることを強制したネタは挙がっているのですが。
最近出てきた話だけでも、共同通信で「憲兵が連行、売春強制」として「1944年にインドネシアのマゲランやフロレス島で起きた集団売春強要事件の被害者の宣誓証人尋問調書に記述」されている「太平洋戦争時の従軍慰安婦問題で、日本占領下のインドネシアで憲兵らが直接、女性を連行して慰安所で売春を強制したことを記述したオランダ政府の公文書が10日までに見つかった。」そうで「旧日本軍による『狭義の強制性』を否定した安倍晋三首相の発言の矛盾を裏付ける新史料」として、2007年05月11日付けの記事として配信されていましたけどねぇ。朝日でも「慰安婦強制示す調書、東京裁判に各国検察提出」として、「東京裁判に提出された各国検察団の証拠資料の中から、占領支配したアジアの女性が日本軍に強制的に慰安婦にされたことを示す尋問調書などを、林博史・関東学院大教授(現代史)が確認した。17日に日本外国特派員協会で会見して公表する。裁判で証拠として採用されたもので、東大社会科学研究所図書館に所蔵されている。」なんて話が2007年04月15日に出ているのですが。

やれやれ。新しい情報を知識として追加できないお年寄りを知事職で働いていただくのもいかがな物かと思うのですけどね。つい最近、もし自分が伊勢崎市民だったら恥ずかしかっただろうとしみじみ思ったのですが、その時はうっかり自分が東京都民であることを恥じ入っている事を失念しておりました。
そういえば、そう思ったきっかけの方が、こんな所に寄稿している事を以前にコメ欄で教えていただいたのですが、同じサイトには「当時は公娼制度があって、そういう業者が軍とともに前線を転々としていたという事実を見れば分かる。兵士たちは慰安婦たちにカネを払ったのである。慰安婦の中には大金をためて、戦後、事業に成功したたくましい人たちも少なくない。」なんて寄稿を寄せている方も居らっさる様で、さらにはここで5月の識者として取り上げられている方も自身のブログの2007年03月02日の記事に「追軍売春婦問題でも、河野洋平、加藤紘一、そしてアジア女性基金を作った村山富一の行為は日本の犯罪史上に特筆される大罪だ」なんてお書きだったりして。。。
この辺りの方の『従軍慰安婦』問題における認識は東京都知事のそれに一致しているような気がするので、この辺りと近しい様子の某イセザキシギの中の人の「従軍慰安婦」に関する認識も(怖い物見たさで)知りたいような知りたくないような。。。

参照;石原都知事の発言に対する、ちゃんとした反論記事
blog*色即是空 【反論】従軍慰安婦問題、「軍が調達した事実はない」石原知事
Apes! Not Monkeys! はてな別館 [戦後責任]石原閣下の人権感覚


おまけ、狭義の連行がどうとか言っていた人がくらった評価;
共同通信の2007年05月11日の記事。
首相の『謝罪』を酷評 従軍慰安婦問題で米専門家
______________________引用開始
 来日中の米国の日本問題専門家、マイク・モチヅキ・ジョージ・ワシントン大准教授は11日、太平洋戦争中の従軍慰安婦問題をめぐり、安倍晋三首相が先の訪米でブッシュ大統領に「謝罪」を表明したことについて「ブラックユーモアだ。大統領は慰安婦ではない」と酷評、大統領や一握りの知日派以外は誰も納得していないとの見方を示した。
(中略)発言は謝罪を不十分とみているワシントンの雰囲気を示唆しており、今後、日本政府に謝罪を求める決議案の審議が米下院で加速する可能性もある。
(中略)首相が慰安婦動員をめぐる「狭義の強制性」を否定したことを「政治的な大失敗」と非難した。
______________________引用終了
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『痴事もしくは恥事』
[ 2007/05/18 12:10 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/142-39eafc07


【反論】従軍慰安婦問題、「軍が調達した事実はない」石原知事

今回は、石原慎太郎知事の発言に反論します。 従軍慰安婦問題、「軍が調達した事実はない」石原知事(朝日新聞2007年05月18日) http://www.asahi.com/national/update/0518/TKY200705180051.html(魚拓) ニューヨークでの世界大都市気候変動サミットに参加している石原慎
[2007/05/21 09:43] URL blog*色即是空












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。