スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もしかして本当にまだ解ってないのか? 

12日にjabberwockさんちの米欄でgegengaさんに教えてもらった古森記者が面白い記事を書いた件、やっしゃんを初めとするどなたかがツッコミ入れるだろうと思ってたのに、見回してもツッコミ入れている人が見あたらない(笑)。
誰かが魚拓撮っていてくれているのに、変だな。

んじゃ、ご紹介。
SankeiWEB (2007/05/12 03:27)で、ワシントン=古森義久氏の署名記事
『「民間が慰安婦集め」 米軍調査「日本軍は利益得ず」』(元記事URL魚拓


_________________引用開始(強調は引用者による)
戦時の日本軍の慰安婦に関して、日本側の民間業者が慰安婦候補とした女性家族にまず現金を支払って彼女らを取得していたことを示す米陸軍の調査報告書があることがわかった。報告書は、この業者が朝鮮で商業利益を目的に慰安婦の徴募に直接あたっていたことを示し、現在の米側の一部の「日本軍が女性を組織的に強制徴用していた」という主張とは異なる当時の実態を明らかにしている。
_________________引用中断

もしかして、まだ、「慰安婦」を「強制連行」したことが非難されていると思ってますか?

_________________引用再開
 報告書は米国陸軍の戦争情報局心理戦争班により第二次大戦中の1944年9月に作成された。「前線地区での日本軍売春宿」と題され、同年8月にビルマ(現ミャンマー)北部のウェインマウ付近で米軍に拘束された日本人の慰安所経営者(当時41歳)の尋問結果が主に記録されている。

 この経営者は、日本人の妻(同38歳)と朝鮮女性の慰安婦20人とともに米軍に捕まった。この慰安婦の尋問結果をまとめた報告書は別に存在し、日米両国の研究者などの間で参照されてきたが、経営者だけについての報告書は公開の場で論じられることが少なかった。
(中略)
 同経営者の慰安婦集めについては「彼は22人の朝鮮女性に対し個々の性格、外見、年齢による区分で1人あたり300円から1000円の金をまずその家族たちに支払い、取得した。22人の女性は年齢19歳から31歳までで、経営者の占有する資産となった。日本軍は(この取得から)利益は得ていない。ソウルの日本軍司令部は同経営者に対し(ビルマまでの)ほかの日本軍各司令部あてに輸送、配給、医療手当などの必要な援助を与えることを認めた書簡を与えた」と記している。

 このように報告書では、この慰安婦採用の過程については日本軍が「許可」あるいは「提案」したとされ、経営者の女性集めはすべての個々人に現金をまず渡していることが明記され、「日本軍が女性たちを組織的に強制徴用して性的奴隷化した」というような米国議会の決議案の解釈や表現とはまったく異なる事情を伝えている。

_________________引用中断

再度。
もしかして、まだ、「慰安婦」を「強制連行」したことが非難されていると思ってますか?
CRSの2007/4/3のレポート"Japanese Military's 'Comfort Women' System"の11-12ページには、「入手可能な証拠からは疑いもなく、ほとんどの「慰安婦」は、心ならずも …もし、「心ならずも」の意味を虚偽の徴募でその組織に入れられることも含むなら… そのシステムに組み入れられた。完全に自発的にそのシステムにはいったものはごくわずかであると認められる。」とあるので、米国議会はとっくにそんなことは承知の上ですが。
そして、最初6人だったと聞く決議案賛同者が、CRSの2007/4/3のレポートが出た後に108人に…って、あれ? 5/11付けで支持者が124人という話が(笑…って笑い事じゃないかorz)


_________________引用再開
 報告書によると、この日本人経営者は妻や22人の朝鮮女性とともに1942年7月10日に釜山を船でたち、台湾、シンガポール経由で同8月20日にビルマの首都ラングーン(現ヤンゴン)に到着した。女性たちはその後、北部のミッチナ(当時の日本側の呼称はミイトキーナ)地区の日本軍歩兵114連隊用の慰安所に送られたという。
_________________記事終了

さて、上記の記事は、少なくとも取り上げている事件に関しては「アメリカ戦時情報局心理作戦班 日本人捕虜尋問報告 第49号 1944年10月1日」の記事だと考えられる。古森記者の記述する「米国陸軍の戦争情報局心理戦争班により1944年9月に作成された『前線地区での日本軍売春宿』」なる報告書は、5/13現在2ちゃんねるでしか言及されていないし原題も解らない「幻の報告書状態」で探し出して参照するのがとてつもなく困難である(注1)。しかし、古森記者が言及している報告書とは、記事では「この慰安婦の尋問結果をまとめた報告書は別に存在し、日米両国の研究者などの間で参照されてきたが、経営者だけについての報告書は公開の場で論じられることが少なかった」とあるものの、「日本人捕虜尋問報告 第49号 」では冒頭に「この報告は、1944年8月10日ごろ、ビルマのミッチナ陥落後の掃討作戦において捕らえられた20名の朝鮮人「慰安婦」と2名の日本の民間人に対する尋問から得た情報に基づくものである」とあり、経営者の尋問も含まれるのは明らか(途中にある記述も「慰安婦」自身の記述とは考えがたい表現があり、scopedogさんの解説参照のこと)なので、報告第49号が、古森記者の言及する報告をふまえたものであるのは明らかである(なお「日本人捕虜尋問報告 第49号 」は10月付、古森記者の言及する報告書は9月付)。古森記者の認識は「この慰安婦の尋問結果をまとめた報告書は別に存在し、日米両国の研究者などの間で参照されてきた」あたりの記述から、この件の資料が「経営者だけの尋問記録報告書」「慰安婦の尋問結果」の二つしかないと理解しているようだが、とっくに知られている資料に「経営者」と「慰安婦」の尋問記録が含まれている訳で、古森記者の認識には疑問がのこる。


さて、「あることがわかった」と掲げて見せている報告書が、どうも「何を今更」的な物であるのは容易に推測できるが、料理方法がまたまずい。
家族にまず現金を支払って彼女らを取得」って前渡金のことであろうが、前渡金で拘束することは当時であっても違法というのは、吉見義明氏を初めとする研究者らがすでに指摘していることだ。
そして、報告書時点(1944年9あるいは10月)で「年齢19歳から31歳まで」の女性達は、「日本人捕虜尋問報告 第49号 」によると徴集が1942年5月初旬。二年前。女性達の年齢は最年少が17歳。未成年です。これは、日本も批准していた国際条約によって未成年者を国外に売春目的で連れて行くこと自体が違法だったので(日本政府は植民地に適応しないと決定していたものの、そのような決定は国際法上無効との有力な説があるそうです)本人と家族の同意があっても、当時としてもあまり胸を張ってやっていい措置ではない。しかも、「日本人捕虜尋問報告 第49号 」によると、彼女らの徴募は「東南アジア諸地域における「慰安役務」に就く朝鮮人女性を徴集するため、朝鮮に到着した。この「役務」の性格は明示されなかったが、それは病院にいる負傷兵を見舞い、包帯を巻いてやり、そして一般的に言えば、将兵を喜ばせることにかかわる仕事であると考えられていた」そうなので、明らかに虚偽であり、本人の意志に反している。

 …それを、古森記者は「この慰安婦採用の過程については日本軍が「許可」あるいは「提案」したとされ」と、記述する。
未成年を含む女性をだまして連れてこさせるのを、軍が許可あるいは提案したって書いちゃってるよ。

大丈夫なのか、産経さん。この記者の書く記事を掲載し続けていて。


(2007/05/14追記)
注1;古森記者の記述するところの「米国陸軍の戦争情報局心理戦争班により1944年9月に作成された『前線地区での日本軍売春宿』」なる報告書は、dempaxさんの国立でむぱ研究室櫻分室にて言及されており、その原文はアジア女性基金が公開している資料集成の第5巻(Pdf file)に収録されている連合軍翻訳通訳部局(ATIS)の調査報告書120号の2; "Amenties in the Japanese Armed Forces" (P.179)にあたるとのことでした。
ご教授いただきましたscopedogさん、eichelberger_1999さん、ありがとうございました。

(2007/08/10さらに追記)
国立でむぱ研究室櫻分室さんの追記によると、ここで取り上げた古森記者の記事は『心理戦 尋問報告 第二号』を元にしており、第2号報告に「9月21日付の報告書にもとづいている」の記述があるので、古森記者は自分の記事を「1944年9月に作成された報告書」に基づいて書いたと、自身のブログコメント欄にレスポンスしていたそうです。
要するに、古森記者は「1944年9月に作成された報告書」なんて見ちゃいない、と(^^;
スポンサーサイト
[ 2007/05/13 15:46 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(17)

コメントありがとうございました。   No. 754

はじめまして。
私自身は確認していないのですが、楼主に対する報告書はdempaxさんがエントリで紹介しています。
http://d.hatena.ne.jp/dempax/20070512

1944年9月に報告があり、それを受けて11月30日に「心理戦 尋問報告 第二号」とまとめられているようで、吉見教授の「従軍慰安婦資料集」にあるようです(アマゾンで在庫切れだった・・・)。

それはともかく、古森記者の感覚では、地上げ屋が買い取った土地も正当な土地取引となるんでしょうね・・・。
警察が民事不介入とか言って、手立てを講じないのも全く問題がない、と。慰安婦の場合は、手立てを講じないどころか、示唆しているわけですが。(下記参照)

「朝鮮からビルマへ「慰安婦」を引き連れて行く許可を京城の陸軍司令部に申請した. この捕虜の言によれば,その示唆は陸軍司令部から出たもので,朝鮮に在住する何人かの同じような日本人「実業家」に打診された.」(上記BLOGにある引用記事)

[ 2007/05/13 18:33 ] p3ZWCO.Q[ 編集 ]

トラックバックありがとうございます。   No. 755

とりあえず、私は「(女性を)取得」という言葉遣いを平然としてしまう人権意識に頭がくらくらとしてしまったのでありました。
[ 2007/05/13 18:36 ] IM7g7wnw[ 編集 ]

原文ではpurchase   No. 756

 こんばんは。
 dempaxさんが正しく指摘されているように、古森氏が言及している報告書は、ずっと前からその存在が知られています。吉見氏の『従軍慰安婦資料集』にあります。
http://d.hatena.ne.jp/dempax/

 それと同じではないのですが、それを再録したと思われる米軍資料の原文を以下で読むことができます。
http://www.awf.or.jp/program/pdf/ianfu_5.pdf

これはアジア女性基金から出された資料集成の第5巻で、そこに収録されている連合軍翻訳通訳部局(ATIS)の調査報告書120号の2がそれです。
 Amenties in the Japanese Armed Forcesというタイトルで、資料集成第5巻のPDFの179頁に該当箇所があります。

>とりあえず、私は「(女性を)取得」という言葉遣いを平然としてしまう人権意識に頭がくらくらとしてしまったのでありました。

 原文では、"Prisoner of war purchased 22 Korean girls, paying their families from 300 to 100 yen according to personality, looks and age of the girl."

 purchaseですので、原文では「取得」ではなくて「購入」です。ですから、これらの朝鮮人慰安婦は「人身売買」(Women Traffic)によって連れてこられたのです。しかも別の報告書によれば、性交を強制されることを知らされずに、騙されてきたわけです。

 古森記者は原文を読んで記事を書いたのでしょうが、訳すときにわざとあいまいにした可能性があります。もちろん人権に配慮とかではなくて、「購入」と訳すと、「人身売買」を思いおこさせるのでまずいと思ったのでしょう。

 なお、「経営者の占有する資産となった。日本軍は(この取得から)利益は得ていない。」は、"They became the sole property of prisoner of war and the Army made no profits from them."です。

 軍は軍の請負業者に対して、慰安所で性的なサービスを提供するよう命じたわけですから、軍がこの取引から利益を得ないのは当然です。
[ 2007/05/13 20:30 ] ObpNlD5A[ 編集 ]

   No. 757

碧猫さん、お久しぶりです。
またコモリンかよぉ。。。と思ってたんで、碧猫さんのツッコミには、同じ思いです。
これ新資料でもなんでもなく、日本政府が1992年7月6日、93年8月4日にそれぞれ発表している、調査結果だそうでねぇ。しかも人身売買に政府が関与してますし・・・
>大丈夫なのか、産経さん。この記者の書く記事を掲載し続けていて。
ウヨが、産経に街宣すれば面白いんですが、あの人達3行目までしか読まないんで、「民間が慰安婦を集め、軍は関係ないんだ~!」と、勘違いしてるんじゃないかと。。。
[ 2007/05/13 21:01 ] OmEQ3VCk[ 編集 ]

この記事にトラックバック入れてる人たち   No. 758

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/51406/tb/#Iza

……頭が痛い。
この記事自体よりも、これを喜んで大はしゃぎしてる人たちの方がよりまずい。この反応は非難決議案に正当性を与えてるのだが。
日本政府が国民に対して従軍慰安婦の歴史をきちんと教育していない証拠に使われる。
そう信じ込ませている産経グループの罪もあるだろうけど、対外向けと国内向けで主張を使い分けて、はっきりさせない政府の罪の方が大きいだろう。
[ 2007/05/13 21:14 ] -[ 編集 ]

プロパガンダの民営化?   No. 759

>そう信じ込ませている産経グループの罪もあるだろうけど、対外向けと国内向けで主張を使い分けて、はっきりさせない政府の罪の方が大きいだろう。

民間業者(産経)が勝手にやったことで、政府は関与していない、とか言い出しそう・・・。
[ 2007/05/13 23:13 ] p3ZWCO.Q[ 編集 ]

こちらも誤訳しょう。   No. 760

 訂正です。

"Prisoner of war purchased 22 Korean girls, paying their families from 300 to 100 yen according to personality, looks and age of the girl."
はまちがいで、
"Prisoner of war purchased 22 Korean girls, paying their families from 300 to 1000 yen according to personality, looks and age of the girl."
でした。100円ではなく1000円です。

さらに、

>なお、「経営者の占有する資産となった。日本軍は(この取得から)利益は得ていない。」は、"They became the sole property of prisoner of war and the Army made no profits from them."です。

とありますが、英文を読み返してみると、the Army made no profits from themのthemは、その前のTheyでなければいけませんが、だとするとこのthemは、楼主が買い取った22人の朝鮮人女性ということになります。
 であれば、the Army made no profits from themを「日本軍は(この取得から)利益は得ていない。」とするのは、誤訳だということになります。

 正しくは「日本陸軍は彼ら(の性労働)から利益をえていない(利益はすべて楼主のものである)」

 軍が慰安所を設置したのは、軍の構成員に対して性的サービスを提供させるためですから、軍が慰安所の経営から利益を得ないのは当然のことです。
 社員のために設けた福利厚生施設の「海の家」で利益をあげようとする会社はあまりないでしょう。かといって、それで利益をあげていないからといって大いばりするのも変な話です。
 というより、社員の慰安施設として性的サービスをする施設を作ったりするような会社は、それだけでまともな会社とはみなされないでしょう。
[ 2007/05/14 00:55 ] aKhwPz7M[ 編集 ]

古森氏は知っててとぼけてる訳でもないのでしょうか…   No. 763

>scopedogさん
ようこそ。dempaxさんのエントリをご紹介いただきましてありがとうございました。
私はこのエントリで、ある程度の予想はしつつも幻の資料呼ばわりをしてしまいましたが、やはり、すでに知られている資料でしたね。
狭義やら広義やらにこだわるとしても(国連等でも問題にされている本質的な論点はそこではありませんが)、内地・当時の植民地・当時の占領地それぞれで、「慰安婦」にするための女性の集め方はそれぞれかなり違っているようなので、十把一絡げで強制的な拉致が有ったの無かったのと論争しても仕方ないのですけどねぇ。
言及されている箇所、原文では、
P. 179
Prisoner of war, his wife and sister-in-law had made some money as restaurant keepers in KEIJO, KOREA, but their trade declining, they looked for an opportunity to make more money and applied to Army Headquarters in KEIJO for permission to take 'comfort girls' from KOREA to BURMA. According to prisoner of war, the suggestion originated from Army Headquarters and was passed to a number of similar Japanese 'business men' in KOREA.
ですね。
"the suggestion originated from Army Headquarters"、、、(乾笑)。

>民間業者(産経)が勝手にやったことで、政府は関与していない、とか言い出しそう・・・。
産経さん、ネトウヨの同人誌と一部で呼ばれているそうです。


>jabberwockさん
>「(女性を)取得」という言葉遣い
60年ほど前には売り買いされる「モノ」でしたからぁっ!
ぐれるのはともかくとして、それを過去の不当な概念として撤回し、人格有る同等の存在として認識していただけるのなら、ねぇ。
被害を受けたおばあちゃん達を歴史上の存在として、自分と切り離して認識してしまう感覚が怖いです。
[ 2007/05/14 12:43 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

>eichelberger_1999さん   No. 764

ようこそ。コメントいただけて嬉しいです。
ご教授いただいたアジア女性基金の資料集成第5巻の該当箇所、確認しました。
古森記者の記事は、やはり恣意的に誘導しようとしている様子ですね。それでもつっこみどころが満載なのが古森さん的なのかもしれませんけど。
だいたい、ミッチナの慰安所はもっともマシな事例と位置づけられているようです。なのに、この例だけを抜き出して「慰安婦」問題を免罪できると言いたげな、視野狭窄した意見を良くもまぁ書けるもので。

>社員のために設けた福利厚生施設の「海の家」で利益をあげようとする会社はあまりないでしょう。かといって、それで利益をあげていないからといって大いばりするのも変な話です。
>というより、社員の慰安施設として性的サービスをする施設を作ったりするような会社は、それだけでまともな会社とはみなされないでしょう。

ご指摘には深く首肯するんですけど。なんか、もう、古森さんやらそのビリーバーさん達の感覚が違いすぎて。
というような意見には、当時のことを現代の感覚ではかるなとか言われちゃうのでしょうか。
調べて行くにつれて当時でも十分アウトな感覚であることが解ってきますし、「性的サービス」さえあてがっておけば休み無く戦地に置いておける感覚で使い潰されている様子の、普通の兵士の人達も酷い扱いをうけているものです。
今、ビリーバーしている人達は、そういう状況に置かれた場合に自身がどの位置にいるのか、想像した上で意見を述べているのでしょうか。
[ 2007/05/14 12:46 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 765

>やっしゃん
電凸お疲れ様です。

> あの人達3行目までしか読まないんで
うちゃさんご指摘の通り、勘違いしてますね。
ただ、三行目までしか読まないという見解には異論を唱えさせてください。
http://www.sankei.co.jp/news-special/0037/nsp0037.htm
の、2007/05/06 03:21と2007/05/05 21:43の記事を確認してみてください。
師匠のところの米欄でたれ込んで、ついでにあちらには証拠隠滅前にと思って魚拓を貼ってきましたけど。
http://blog.livedoor.jp/gegenga/archives/50748910.html
あの人達は、三行目どころか、タイトルしか読まないのではないかと。。。
しかも、産経さん、それを見越してタイトル違いの本文同一記事を配信しているのかも。。。


>うちゃさん
4/20の教育再生特別委員会で、中山成彬 現内閣官房参与が、中学教科書に「従軍慰安婦」の言葉が消えて良かったと発言しているのがテレビ中継されているぐらいですよ。「日本政府が国民に対して従軍慰安婦の歴史をきちんと教育」している証拠があるとしたら、捏造ではないでしょうか。
近代史も、ついでに人権感覚も、システムとしてまともな教育していましたっけ?
で、学校で習っていないから「従軍慰安婦」も「南京事件」もでっちあげだの言いがかりだのと言い出すヒトが発生する、のかも(怯)。
[ 2007/05/14 12:51 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

今度は・・・   No. 767

トラックバック、ありがとうございました。
&新たなたれこみです。

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/seiron/070514/srn070514000.htm

岡崎さん、碧猫さんが書かれたあたりのことは理解しつつ
アベちゃんをほめまくり
「人権違反の行為であることを謝罪するのは正しい」と言いつつ
慰安婦は充分な報酬はもらってたんだけどねっ!
と、言いたいらしい。
[ 2007/05/14 16:31 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

>gegengaさん…(笑)   No. 768

>(岡崎さん)アメリカ人は河野談話の何たるかを知らないのだから
CRS Report April07には3ページ目でいきなりKono Statementに言及してますけど。

>(岡崎さん)狭義の強制について質問されれば嘘は言えない
狭義の強制も発生してます。
http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/national/update/0414/TKY200704140400.html&date=20070417140419

>(岡崎さん)アメリカの政府も議会指導者も日本の釈明を受けいれた。
あひるさんは違う見解みたいですね。
http://megalodon.jp/?url=http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070430/shs070430000.htm&date=20070504061008
ついでに、これもぺたん
http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070504-00000009-gen-ent&date=20070505025326

>(岡崎さん)無事に帰ればそれぞれ自前の店を持つぐらいの資産を貯められた。
無事にどれだけの人が帰れたかが大問題なのを、とりあえずあえて無視するとしても。
scopedogさんの「慰安婦高給・高収入・高額報酬説まとめ」どうぞ。
http://ameblo.jp/scopedog/entry-10033353402.html

>(岡崎さん)戦場だから例外的なケースはあったろうが、それは日本軍刑法違反で処罰されるべき行為であった。
「例外的なケース」は報酬面に関することのみなのか、「慰安婦」制度全般のことか迷いますが、全般のことと解釈して。

「処罰されるべき行為であった」のを日本軍が処罰したのでしょうか?
スマランの件は、やっしゃんの「続 従軍慰安婦は強制です」
http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-33.html
初め方々で言及されていますが、裁いたのは日本軍じゃないですね。

「戦場だから例外的なケースはあった」?
山西省の件では、地裁判決の被害事実認定で「被害者原告らに対して加えられた日本兵による強姦等の所業は、それが日中戦争という戦時下において行われたものであったとしても、著しく常軌を逸した卑劣な蛮行というほかはなく」と言及されているようです。「戦場だから例外的なケース」で片付けて良いのやら。

すまってますね…((c)kuronekoさん)
[ 2007/05/14 17:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 769

記事をアップしたんで、TBしときます。
あれっ、もう新ネタ投下されてるじゃないですか。
完全に出遅れたようです。。。
[ 2007/05/14 22:43 ] OmEQ3VCk[ 編集 ]

ネタの宝庫?   No. 772

>やっしゃん

TBありがとうございます。
産経さん、とばしてますねー。
安倍首相の4月末の訪問後、一通りチェックしたつもりだったものの肯定的な評価をしている論者は見あたらなかったのですけどねぇ。岡崎さん、がんばりますね。
しかし、どういう読者層を想定した記事なんでしょう。つっこみ処がたくさん。。。
[ 2007/05/15 12:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

Thanks   No. 796

>その原文はアジア女性基金が公開している資料集成の第5巻(Pdf file)に収録されている連合軍翻訳通訳部局(ATIS)の調査報告書120号の2; "Amenties in the Japanese Armed Forces" (P.179)にあたるとのことでした。

おお、 (P.179)でしたか。Thanks
こちらにトラックバックしておきますご了承を。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/174526/
[ 2007/05/19 16:01 ] -[ 編集 ]

   No. 803

>ni0615さん

ようこそ、初めまして。
eichelberger_1999さんが貴重な情報を教えてくださいました。

記事も拝見させていただきました。
最後にお書きの一節;「(追)街中で買い物に出かける自由はあったみたいですけど」ですが、それは日本人捕虜尋問報告第49号の「彼女たちは、ビルマ滞在中(中略)都会では買い物に出かけることが許された。」を根拠にしての言及ですか?
もしそうでしたら、出かけるのに許可が必要であった点にご注目下さい。外出が許可制であるなら、それを自由とは呼びません。しかも、都会でのみの事情でもあります。これは、吉見義明氏の講演記録からの受け売りなのですけど。

なお、山木さんの
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070518/p1
や、scopedogさんの
http://ameblo.jp/scopedog/entry-10033353402.html
が、関連の事柄について深く考察されていますよ。
もし、まだ未読でいらっしゃいましたら、ぜひどうぞご参照下さい。
[ 2007/05/20 11:04 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントにて追記   No. 804

この方、どなただろう? 素人レベルじゃない詳しさのような気が。
「眠り狂五郎-眠れぬシーサー」
http://zeimusmaki.iza.ne.jp/blog/


「産経新聞は古い資料を新しく見せかけたのか?」2007/05/16 14:15
http://zeimusmaki.iza.ne.jp/blog/entry/172565/

「慰安婦米軍資料の正しい読み方」2007/05/19 18:14
http://zeimusmaki.iza.ne.jp/blog/entry/174930/


次回整理時にブクマに追記します。
[ 2007/05/20 12:18 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/138-3cebc846


[産経に電凸] 古森記者の「米軍の軍命令」捏造疑惑について

[慰安婦問題]産経・古森氏が、また歪曲報道http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-61.html↓[産経に電凸] 古森記者の「米軍の軍命令」誤報についてhttp://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-62.html↓[産経に電凸] 古森記
[2007/05/13 20:04] URL ◆ 美しい壺日記 ◆

[慰安婦問題]産経が14年前の調査結果を新資料のように報告する

また、産経新聞のとんちんかんなマッチポンプ記事です。「民間が慰安婦集め」 米軍調査「日本軍は利益得ず」http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/51406/(産経 05/12 06:12 ) 【ワシントン
[2007/05/14 22:10] URL ◆ 美しい壺日記 ◆

セレブに弱い女性たちはどこへ

  あたりの空気をけ破るような無邪気な笑顔と歓声で、ソーリを歓迎しようと殺到するおばさま達、それに応えて手を伸べるシンゾー氏。  AFPのサイトで、いつかこんな写真を見たときは、なにか怖ろしいものでも目にし
[2007/05/14 23:19] URL とむ丸の夢

[memo]『心理戦 尋問報告 第二号』/吉見義明『従軍慰安婦資料集』を読む

”「民間が慰安婦集め」【ワシントン=古森義久】[本文省略]米軍調査「日本軍は利益得ず」”【産経新聞2007/05/12の3面(総合14版)】読解の参考資料として『従軍慰安婦資料集』の該当箇所を写経してみた. 最初に古森記事 [...] 報告書は米国陸軍の戦争情報局審理戦争班により
[2007/05/16 03:01] URL 国立でむぱ研究室櫻分室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。