スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とある憲法記念日の光景 

GWなんて関係ないとかなんとか発言していたような記憶がおぼろげにあるけど、職場では私以外はみんなお休みしているもので、いつものお仕事開始時間に職場にいようという熱意に欠けるのも人情というモノだと思う。
きっと。
そういう言い訳をして、職場に到達するまでに、どこかを徘徊するんだな。


そんな、とある憲法記念日。
あまり本物に似ていない秋田犬の像が飾ってある、とある駅前の広場を横切っていた。
広場といってもぎっしり人が溢れかえっている。
人をよけつつ、広場の外れまで来た時、マイクを通してしゃべっている人声が聞こえてきた。

お立ち台に見立てているらしい車の屋根に上って、片手に白地に赤い丸を書いた旗をもった若い衆が、なんか一所懸命しゃべっている。
…あんちゃん意外と若いなー、こういう事をする人ってもうちょっと年齢いっているものだと思っていた。などと、目をあわすと怖そうなので、目が合わないように目立たないようにこそこそと観察する。
そこらに溢れかえっている若い衆と同じぐらいの年齢、、、20代ぐらいに見える。
熱心だなぁと感心しながら、何となく観察を続ける。
こういう人達は、ミリタリコスプレおたくだと思い込んでいたけど、残念ながら普通の格好だった。
お立ち台には、彼がもっているのと別に白地に赤い丸を書いた旗が二本と、白地に黒く文字が書いてある幟も飾ってあった。
一本は「帝国憲法復活」他には「君臣一体」。ふーん、と眺めていたのだが、、、どうにも「君臣一体」の文字が下手なのが気になった。いわゆる、見事な、金釘流ってやつだ。
「美しい日本」の伝統である書道の心得は無かったのだろうか、この文字を書いた人は。

それにしても、なんか一生懸命しゃべっている。カンペももたずにたいしたもんだなー、と感心していた。
なのに、行き交う人は誰一人、視線を向けることもない。なんか可哀想。
…そういえば、何をしゃべっているのだろう。
と、この時初めて、披露されている話芸の内容に関心をもった。

「世間では憲法9条の護持とか、憲法9条の改訂とかいっている」
(記憶に頼って書いてます、念のため)
…ふむふむ
「しかし、そんなことはどうでもいい」
へ?
「必要なのは、現行憲法の廃止、そして帝国憲法の復活だ」
…おー、一気にそこまで行くのか、と、一足飛びの大きな飛躍に感心して、思わず拍手しそうになってしまった。

そこで、信号が変わったので目的地に向かう(←結局冷たい奴)。

そして帰り道。

違うあんちゃんが口演していた。
今度は教育勅語の話のようだったのだが。。。。
「●×年に明治天皇サマが●○になった教育勅語が…(云々)」
え?なんか敬語の使い方間違ってるような気がするのは気のせい?
耳をそばだてる。
さらに彼は発言する。
「明治天皇陛下サマが…(云々)」


私、敬語の知識や使いこなしに自信はないけど、でも。
なんか、「美しい日本」の敬語の使い方を間違っているような気がするんだけど。。。気のせいだろうか?
二重敬称ってまずくないのかな?
やはり、これはまじめな右翼さんの口演ではないような気がした、憲法記念日の光景だった。

スポンサーサイト
[ 2007/05/04 18:59 ] 小ネタ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/133-4ef5a347


憲法記念日、ですね

「今年は、日本国憲法が施行されて60周年に当た」る、そうで。安倍ちゃんも、気合いを入れて談話を発表したようですが意外と、ネットでは保存されていない。ので、毎日新聞に載っていた「憲法60年 首相談話(全文)」を、メモメモ。 今年は、日本国憲法が施行さ....
[2007/05/06 17:17] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。