スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昨日付の記事に関連したような体験談 

昨日付の記事に続けて、私の体験談を一つ。

 私が仕事している業界って、実のところ、セクシャルハラスメントはとても多いように感じる。
 私自身もそれなりに直面しているわけだけど(そのうちのごく軽い例はこんなの)、こちらとしては、いちいち「それはセクハラだ」と指摘する気は、正直、ない。もう少し若かった(笑)時には、試しに指摘してみたが、その時の指摘した相手の表情を見て以降、その場で本人相手に指摘するのは止めることにした。だって、まるで痴漢の濡れ衣を着せられたかのような、理不尽な言いがかりをつけられ犯罪者に仕立て上げられたとでもいわんばかりの表情で睨みつけられたのだ。
 年齢的にも+地位的にも+体格的にも(笑)優位に立てない私が、いちいち細かいセクハラを指摘して回るのは、負担が大きすぎる。不快なだけで実害がない程度なら、生暖かく見守るだけにとどめないと、男性が絶対多数の業界で孤立して困ることになるのは、明らかに私の方だ。そんな業界なのでセクハラ体質は是正されることなく染みついているし、そして、同業で比較的近しい位置にあった人物の一人がセクハラで職を失った例も知っている。

 ま、そういう業界で仕事している訳だが、私の実際に直面した例ではこんなのがある。
 前の所属にいた時、外部の講師による招待講演の後に、その講師を歓待する飲み会でのこと。所属ラボの教員が二人、招かれた講師、所属ラボで実験している修士。それに私。私以外は全員男性。教員の一人は当時30代半ば、修士は20代半ば、講師ともう一人の教員は50代後半って年格好。

 飲み会ではあるが、私はアルコールは飲まないので、酒の肴をパクつきつつ烏龍茶を飲んでいた。
すると、講師の先生が言った。「碧猫さんは飲まないんだね。」
体質的に駄目みたいなんで、てなことを答える私。
そんなやりとりの後、何故そういう流れになったのかよくわからないのだが、話題が「美人には酒乱が多い」という方向になった。調子よく話に乗ってしゃべりまくるのは、30代半ばの教員、T氏。テキトーな相づちや合いの手を入れるその他男性陣。沈黙する私。

 T氏は何度も何度も「こういうことを言うとセクハラって言われるかもしれないけど」と(どこかの大臣のように)前置き・中置き(?)しつつ絶好調で語りまくり、そして飛び出す意見は「ブスは酒乱になった場合、道ばたで寝込んでも介抱されず、淘汰されるから生き残れない。だから自衛のために酒を飲めない」「美人だと、介抱してもらえるから生き残る、だから酒乱になれる」。

 そもそも、きっかけがああで、話がこうなるって事は、要するに私がブスだとクサされているのだろうか?、と視線が冷えていく私。
しかし、この手のオトコは、冷たい視線に気づくような繊細さを持ち合わせてはいない。

 私としては、アホを相手にする気は毛頭無く、邪魔くさいので聞き流していたのだが。
ワザワザ地雷を踏む馬鹿が、世の中にはいる。
…この流れの話が終わりかけになって、教員T氏が、この話はこの場だけのことにしてね、と言い出したのだ。
私に向かって。
言わなきゃいいのに。
わざわざそう言ってくるのなら、意思表示ぐらいはしておくか、ってなもの。
「それは甘いですよ(にっこり)」と愛想良くお答えしてしまった。
…もっとも、言われた当人、どうやら意味に気づかなかったようだった。

 しかし、同席していた20代半ば修士;K君だけは、まともな神経を持ち合わせていた(知ってたけど。よくおしゃべりする相手だったから)
表情をこわばらせて、私をまじまじと見る。
あからさまに引いたK君の雰囲気に、教員T氏、多少は何かを感じたらしい。
しかし、とことん、あれな人物なもんだから、K君に向かって「大丈夫、碧猫さんは美人だって言っておいたら、黙っていてくれるよ」といったのであった。
…とことん、アホ?
可哀想なK君は青ざめたのだが、教員T氏は、全然何も気づかないようだった。


 ・・・もちろん、このやりとりは、飲み会から帰った直後の記憶が新鮮な私によってメールに書き上げられ(笑)、このラボの関係者および無関係者の区別無く(こら)我が友人・知人一同にメール配信され、T氏がいかなる人物かを広報する一助になった。ちなみに言いふらしメールには、K君だけはマズイやりとりであったと気づいていた事まで含めておいた。
そして、数年を経てから過去メールから発掘の後、ブログネタにまでなっているのだな(笑)。


 いやー、しかしまぁ、なんですねー。
「こういうことを言うとセクハラって言われるかもしれないけど」といえば、セクハラ発言が免罪されると思っているところが無邪気すぎ。
「気配りのできるヒト」という評価は、決してもらえないのに。
お断りを言ってまで言いたい話題か、それが?と思われるのがオチなのだけどね。
大体、「こういうことを言うとセクハラって言われるかもしれないけど」という判断があるぐらいなら、黙っとけ、と思ったものでありました。

 昨日付記事をうけた結論をあえて書いておくなら、プリンセス・ストーリーによってもたらされた価値観、、、「(そうでない女性を分断し)従順で若く(男性から見て)美人な女性を賞揚する」価値観って、やーねって事になるかな。


おまけ

読者からの投稿2にまさにそのものの話が・・・。私じゃないけど(笑)。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2007/04/16 00:00 ] 体験談 | TB(2) | CM(6)

ホント多いですよね   No. 675

>「こういうことを言うとセクハラって言われるかもしれないけど」といえば、セクハラ発言が免罪されると思っているところが無邪気すぎ。

・・・なオヤジ。(-_-)ゞ

私も取材先の、コミュニケーション学!の男性教授にセクハラを受けたとき、詳細に状況を書き綴ったメールを「転送歓迎」で送りまくり、それがラジカルな女性グループの目に留まり、大学に抗議して、厳重注意、というところまではやったことがあります。「セクハラになるかどうかは、その男性のキャラクターによる。僕は生徒にチューしてもセクハラにならないんだよね」みたいなことをメールに書くほど「無邪気な」オッサンでしたけどね。

セクハラ裁判の支援をしていたこともあるのですが、ホント「何が悪いっていうんだ!」って感じでした。法廷でも。
[ 2007/04/15 18:29 ] SFo5/nok[ 編集 ]

実に多いんです(笑)   No. 678

>水葉さん
この例の場合で一番やっとれんポイントは、「こういうことを言うとセクハラって言われるかもしれないけど」オヤジが、実は私と「タメ」(なんです…)である点かもしれません。実年齢がオヤジなだけがオヤジではなく、若いうちからオヤジ化しちゃうのが後からやってくるのがなんともねぇ。年齢が上の方でもオヤジじゃない人もいる訳ではありますが。


>コミュニケーション学!の男性教授
…一体何を研究しているのやら(溜息)。
「先生」と呼ばれる職業って、自分を「エライ」と勘違いしがちになるからヤバイんですよね。

ここで描写した前所属では、この後にちょっとしたアカハラに逢いまして(加害は↑のから)、セクハラ要素があったら表沙汰にしたかったのですが、無かったから勝ち目がないと判断して逃げ出し(笑)現在に至ります。
やられた事は詳細にメールで記述してあちこちにばらまき…そこの組織の長にも送りつけましたが、、、やっている方はなんの自覚もなかったから今後もハラスメント被害に遭う人の出る事が予想できたものの(実は、私で二人目、でしたから)、それ以上のことはできませんでした。。。
[ 2007/04/16 12:27 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

道ばたで寝込んでいる・・・   No. 679

オヤジは、ブスな女よりも介抱される可能性が低いですから、凍死しないように気をつけてくださいね、Tさん♪
と、満面の笑みで言ってやりたくなりました(笑)
[ 2007/04/16 15:40 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

あら、そんな   No. 680

gegengaさんったら。




…道ばたで寝込んでいたら、無言で側溝に蹴り込んで蓋するに決まってるじゃないですか。
警告する親切心なんてありませんよ(はぁと)。
[ 2007/04/16 17:21 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

TBありがとうございます   No. 4472

この記事、実は以前このブログのトップとは別にお気に入りに入れていた時期があります。(今は「体験談」カテゴリー全体に代わりましたが)

そんなわけで、これを機会とばかりに、昔のエントリーではありますが、コメントしに参りました。

>「オヤジ」の放言

個人的には、「自分は性的対象になりえない」と思えた方が酔いやすいと思っていますけどね。前後不覚の時に、不届き者の野郎共にどんな目にあわされるか分からない、という心配に縛られないので。

…そういう心配を考慮しない時点で、何とも「鈍感」で「無邪気」な「オヤジ」だよなぁ、と思います。
[ 2008/06/13 18:23 ] mQop/nM.[ 編集 ]

   No. 4474

>七重さん

このエントリを「お気に入り」というのは、重いものを感じますが。。。
まぁ、私も、だてに「人間不信」その他を公言してないって訳で(それもどうかと(^^;)。
たんぽぽさんも、ちらっとお書きでしたね。


>前後不覚の時に、
<
私が酒を飲めないのは単に体質ですけど、もし、体質的に飲めたとしても外で前後不覚になるまでは酔わない(酔えない)でしょう。幼少時からの家庭での「しつけ」に今でも飼い慣らされてますし、大学時代に通学時の電車で居眠りしてしまって痴漢に遭遇した複数回の体験やらで、意識を手放した無防備な状態になる事に恐怖感があります。


>酔っぱらいオヤジの放言
<
このエントリみたいのを聞く機会に頻繁に恵まれた(?)もので、ま、あんなもんだろと言う意識で、発言者&容認している参加者を黙って分類しているだけだったんですが、出張してきてまでまき散らされた腐臭一杯の毒には、完全に黙っていられず反応してしまいました(他所で論評しかできなかったけど(^^;)。
普段は口数(?)が多くない、書を守るものさんも見かねてらしたような。
[ 2008/06/14 12:04 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/122-89d5644a


米国議会に、慰安婦問題はどう報告されたか

 数日前に、従軍慰安婦問題の背景に関する報告書が米国議会調査局から出されているのを知り、あわててこれを読んでみました。 この全23ページにわたる報告書については、特に元慰安婦の証言を否定したい人たちの間でちょっと
[2007/04/15 21:16] URL とむ丸の夢

男優位社会の現実に突き当たった時、思うこと

フェミニズムなんかわからん。 と言いつつ、社会制度や人々の心にはびこる男尊女卑を糾弾し続けるワタクシ。 今日のネタは、↓コレです。 是非、お読みください。 女・部長の本音 ダイバーシティって・・・(毎日新聞)
[2008/02/10 22:02] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。