スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食は広州にあり、という話(の筈) 

出身のとある大学の所属学科やラボには、それなりに外国からの留学生が来ていた。
多くは中国・韓国、後は東南アジアや中近東にアフリカからという感じ。
自分ところのラボに来たヒトの場合、、、教授が丸投げしてくるので、一学生だった私が実験手技などの手ほどきは全てすることになったモノだ。
当然、合間に雑談しまくりである。
そうして仕入れた話にこんな話があった。

私が手ほどきしていた中国からきた女性は、北京の大学の、生物系学部出身だそうだった。
その学生時代。
生理学の実習があったそうだ。
その実習で、ラット(だいたい400g前後の大きいネズミ)を使ったそうだ。
実習後、ラットが余った。
すると、一人の学生が申し出て、その余ったラットを全て連れ帰った。
…数日後、その学生はパーティを開き、クラスメート達を招待した。
パーティのメインディッシュは、何かの肉料理だった。
一部の学生をのぞいて、クラスメート達はその肉料理に舌鼓を打ったそうだ。
食べなかった一部の学生とは、そのパーティ主催者が広州出身であることを知っている人達だったとか。

食在広州

彼の地では、泳ぐモノは潜水艦以外、足のあるモノは机以外は、みぃんな料理して美味しく食べてしまうのだという。
そのメインディッシュは、豚肉に似た味で、美味であったそうな。。。



nezumi

「え?おいしい?」


もちろん、この話を思いましたのは、えぼりさんのこちらを見たから。
日本人の感覚では、意外に思ってしまうが、中国や東南アジアあたりではネズミは結構普通に食するらしい。フィリピンあたりでは、"star"という商品名で、缶詰ラット(rats, もちろん人間の食用)が売っているというのは、わりと耳にする話。
豚肉に似た味だという説と、鶏肉に似た味だという説の、二説を耳にするが、どっちが正解かは試したことがない。
試す素材はわんさかいるのだが、、、アレでない場合なら、ラボで不用になった鶏を自分たちで〆て焼き鳥パーティも再三やったもんだが、、、やはり、日本の文化圏で育った者の発想としては、アレは食材としてのカテゴリーに入っていないようだ。

水族館で、大きい水槽で回遊するイワシやアジを見ると「うーん、美味しそう」等とご無体なことをを発想してしまうが、きっとこういう感覚も、イワシやアジが可愛い愛玩動物であると考える文化圏出身の人から見ると「えーっ!可哀想」って事になるのかもしれないな。
なお、イワシやアジを可愛い愛玩動物と考える文化圏なんかあるかい!
っていうツッコミはなしの方向でよろしく。
スポンサーサイト
[ 2007/03/16 07:48 ] 小ネタ | TB(2) | CM(12)

にゃあこも・・・   No. 569

自粛自粛。

クイのおすそ分けを「仏教徒ですから」と断ったら、アメリカ人(ユダヤ系)に「タコイカ食うじゃん!」と言われ、アイルランド人に「生卵も生魚も食うじゃん!」と突っ込まれました。そんな環境にしばらくいれば、おのずと異文化にも「ああ、そんなのも地球上には存在しているのよねえ」ぐらいには寛容になるもので。「アノ国ではこんなことをしていますキイキイ、非常識ですキイキイ」と言う方々には一度どこかで自分がまさに異文化になるという経験をしてみたらいいのに、とぬるーく眺めております。
[ 2007/03/16 17:11 ] jIQFn5A2[ 編集 ]

わんこも赤いのが…   No. 570

以下自粛。

ツッコミという芸って万国共通なのでしょうか(笑)。

取ったパスポートを使うことなく無駄にし、異文化圏の人たくさんから突っ込まれた経験を持たないワタクシではございますが、よそ様の食習慣に目くじらは立てたくありませんねぇ。自分で料理できない動物は若干あるとは思いますが、それを食べる食習慣のある土地で調理済みの料理でもてなされたら食べちゃうな、原形をとどめたムシ以外なら。

なお、学生時代に、おうまさんと深く交流した体験を持ちますが、大江戸線森下駅すぐの「みの家」の桜鍋は大変美味しゅうございました。
[ 2007/03/16 17:38 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ベトナムでしたっけ   No. 571

半分ヒヨコになりかけのゆで卵が売られているのは?
犬は日本でも昔は食用にしてましたよね。あと、海産物系に対する日本人の守備範囲の広さは凄いです。ホヤとかナマコとか、まず”食おう”と思ったのはどこのどいつだ? とか思っちゃいます(笑) 食ってみたら美味かったんでしょうね。
あと、シャコとか海老とかを見ると”美味そう”と思えるのに、だいたい同じ構造をしてるはずの昆虫類が食い物に見えないというのも不思議ですよね。

どこの国の人間でも、食い物に対する執念って凄いと思います。ふぐってちゃんとした料理法が確立するまで、何人犠牲者が出たんでしょうね。
[ 2007/03/17 07:20 ] -[ 編集 ]

潜水艦   No. 572

こんにちは
潜水艦の例えは初めて知りましたが、さもありなんと思います。私が知っているのは「飛ぶものは飛行機以外」でしたが、似たようなものですね。
広州で「鳩食べますか?」と聞かれ、しぶったところ「大丈夫ですよ、見た目には分かりませんから」と言われ、応じたところでてきたのは、そのものの形状をしていました。そういうのを「おいしいですねぇ」とニコニコしながら食べなければいけないのはつらかった。味なんて分かりません。
広州料理は他の中国各地の料理に比べて味付けがおとなしいので食べやすい印象はあります。
[ 2007/03/17 12:57 ] SJMMuUIM[ 編集 ]

牡蠣を最初に   No. 573

食ったやつは勇気のあるやつだ、という諺がフランスにはあるそうです、えーと、どういう勇気なんだろ。艶笑小話の本に載ってたような記憶があるけど。>うちゃさん
[ 2007/03/17 16:05 ] jIQFn5A2[ 編集 ]

カメなんかは・・・   No. 574

かなり、遠慮なく“食材”ですな。
私も、飼い始める前には好きでした、スッポン。
[ 2007/03/17 17:19 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

ご先祖様に感謝   No. 575

>うちゃさん

陸棲外骨格系一般が苦手な私は、タンパク源を海に求めたご先祖様に感謝したいです(笑)
ホヤだのなまこは食材として定着して、アメフラシはそうじゃないっていうのは、やっぱり食べ比べたんでしょうねぇ。
潮だまりに取り残されたその手のを片っ端から食べた勇者がいたんだったりして、、、と思ったら現代にも勇者がいるんでした。
金魚ネタでもちょっと紹介したこちらの方。
http://www1.odn.ne.jp/setsuna/za_menu.html
「肉系」でひよこになりかけのゆで卵が登場していますけど、「魚介系2」でアメフラシ喰ってます、この人。。。

そういえば、確か、どこかの貝塚で胃にフグの骨が残った人骨が出てきた事ありませんでしたっけ。ご先祖様ありがとう(笑)。
[ 2007/03/17 17:26 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

聞き覚えでしたのでうろ覚えなんです。   No. 576

>45+さん
ようこそ(笑)
「広州」と「杭州」を間違えてたら恥ずかしいぞ、と、こっそり検索してましたが、この言い回しは飛行機を含むパターンが多いみたいですね。私は留学生から直接聞いたおぼろげな記憶で書いておりまして(笑)、まぁ、このくらいなら、例え間違っていたとしても、それで困る人もでないだろうってとこなんです。

小鳥の丸ごと系は確かにきついですねぇ。ここ最近、職場で、日本料理(?)の雀の丸ごと焼き鳥を食しに行こうとお誘いはいただいているんですけど、顔がついているから嫌とお断りしている日々です。鳩、、、ご苦労様でした。

そういえば、暖かい辺りの中国か東南アジアかあたりで、タガメだったかゲンゴロウだったかの丸ごとの唐揚げも売ってるとかいいますよね。アレもニコニコ勧められたらきついでしょうねぇ。。。
[ 2007/03/17 17:27 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

か○   No. 577

>えぼりさん
おねいさま、お話がそっち系ですか?!(笑)

>gegengaさん
いつも通る路のまる鍋屋さんの店先に、大きなプラケで一匹ずつスッポンが入っているんですが、これが気になって気になって。
いつでも攫って帰れそう。
といいつつ、亀を見ても「美味しそう」衝動は発生しませんね、不思議なことに。まぁ、歩いている豚を見ても牛を見ても、美味しそうとはあまり思わないのではありますが。
「美味しそう」視線を向けられる受難者は魚介類だけなのかも。。。
[ 2007/03/17 17:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

中国4千年の歴史に比べれば   No. 578

こんにちは
飛行機の例えだって歴史の中ではごく最近の話だし、潜水艦でも違和感は感じなかったんです。海や川のものだって食べるんでしょうしね。

ではではまた
[ 2007/03/18 16:33 ] SJMMuUIM[ 編集 ]

食べる   No. 593

大陸での例え話ですが、昔読んだ開高健のエッセイでは「空を飛ぶものは飛行機以外、四本足なら机と椅子以外、二本足なら両親以外」とあった記憶があります。
その後は、食文化としての喫人に触れられていました。

開高氏は食通とも呼ばれるだけあり、愛すべきげっ歯類も数多く食してきたそうです。
ベトナムの田んぼでは「田の鶏」と呼ばれていた、とか密に漬けた子ネズミなど。
概して上品な味である、と述べてました。

かく言う私も、訓練、あるいは必要に駆られ(開高氏ほどではありませんが)げっ歯類を口にしました。
マウス、パックラット、チップモンク、北極地リス、野ウサギ、ヤマアラシなどを、罠や棍棒、銃で捕らえて、丸焼き、味噌煮、干物にして美味しく頂きました。
ラットだけは臭いがきつくて苦手でしたが・・・・



[ 2007/03/20 21:14 ] mQop/nM.[ 編集 ]

二本足…   No. 594

夕雲さん、こんばんは。
「二本足なら両親以外」、、、兄弟も子供も配偶者も射程内なのに両親だけは例外とは、儒教の国ですねー。さすがにこの表現は、現代ではあまり普通には聞こえてきませんね。

いろいろ食べてらっしゃいますね。マウスは食べるところがものすごく少なそうですが(笑)。
野生ラットは臭いんですか、、、↑の話は、飼育下の運動不足でペレットを食べて育っているラットだったから美味しく食べられたのかもしれません。。。
[ 2007/03/21 01:03 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/102-d9310d3c


アジアジ(鰺)は、スズキ目スズキ亜目アジ科アジ亜科に含まれる魚の総称。側線にゼイゴまたはゼンゴと呼ばれる大き目の硬い突起のある鱗が並んでいるのが特徴。生食(刺身)、干物として食べられることも多い。鯵の名前の由来は味がいいからである。魚に参と書くが、それは
[2007/08/08 11:10] URL 動物辞典

アジアジ(鰺)とは、アジ科アジ亜科に含まれる魚の総称。側線にゼイゴと呼ばれる大き目の硬い鱗が並んでいるのが特徴。生食(刺身)、干物で食されることも多い。*マアジムロアジシマアジヒラアジマルアジ.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikip
[2007/11/14 08:28] URL 動物辞典












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。