FC2ブログ










日本の水源の森ってどう危ないのだろう?(その1) 

 いつもの事ではあるが、19日に産経新聞が日本の現状を憂いた報道をしているのを見かけた。

 海外資本による森林買収が北海道などで相次ぐ中、山形県を縦断する最上川の源流の森林をシンガポール在住の外国人男性が購入したことが、県の調べで分かった。購入目的は不明で、住民らからは「乱開発されると水源が危ない」と不安の声が上がっている。

 関係者によると、男性は米沢市の市民が所有していた私有林約10ヘクタールを購入し、別荘用として平成22年7月、県に届けた。(後略)


スポンサーサイト



ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2011/02/20 19:08 ] 四方山話 | TB(0) | CM(4)












無料カウンター