FC2ブログ










「琉球大学医学部の必修授業にホメオパシー」報道の後 

 17日のこと、ニセ科学を批判的に見ているネットワーカーが(恐らくは)一斉にずっこけた記事が報道された。

2010年9月17日5時30分『asahi.com(朝日新聞社):琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ - アピタル(医療・健康)』(アピタル(医療・健康)魚拓
2010年9月17日5時30分『asahi.com(朝日新聞社):琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ - 社会』(社会面 魚拓

 琉球大学医学部では、6年前から保健学科の3年生を対象に、代替療法も教える「助産診断・技術学」の中で年1回、非常勤講師を迎えてホメオパシーを教える必修授業がカリキュラムにあったが(今年度も8月に10名が受講)、日本学術会議会長談話を受けて、来年度以降は中止することを決める方針としたと報じられている。
 この授業、「ホメオパシーの歴史やレメディーと呼ばれる砂糖玉が体に作用する仕組み、症状が緩和できる病気について」教えたというので、一体何を教えていたんだと呆然としたのだが。それを授業で教えていたという非常勤講師は、日本ホメオパシー医学協会認定のホメオパスであり、沖縄県内に日本ホメオパシー医学協会と提携する助産院を開設している助産師であって、2004年度から非常勤講師として採用されていたのだという。朝日新聞の取材に対して「ホメオパシーは素晴らしい。症状が改善する」と話しているそうでもある。

 国立大医学部が必修授業で教えるかと、頭を抱えた人が多数発生し、私もこれに絡んで別のエントリを出そうかと準備を始めていたところ、別件が気になったので先にそっちを…というのが、このエントリである。
 この朝日の報道では個人名は出ていないが、かなり具体的であるので、個人名を知ろうとネット情報を集めている人がいた。

スポンサーサイト



[ 2010/09/18 12:29 ] ニセ科学系トンデモ | TB(1) | CM(3)












無料カウンター