FC2ブログ










高槻市議会が『「慰安婦」問題について政府に誠実な対応を求める意見書』採択 

 この件は、むしろ、採択反対の動きで気がついていた。高槻市議が

自民党会派も反対に転じることになりました!
昨日Y市議に事情をお話ししたのですが、その後、会派として反対することにしたとのご連絡をいただきました

と、Twitterでつぶやいていたのを見かけたのだ。

 自らご意見番を名乗るこの市議(この人自身は無所属らしい)、当初賛成に回るつもりだった自民党議員団に呼びかけて反対に転じさせたり、『日本軍慰安婦問題に関する意見書』が採択された千葉県我孫子市で反対に回っていた久野市議が使った討論原稿や『西岡力氏の著作「よくわかる慰安婦問題」、小林よしのり氏の「戦争論」などを参考に』反対討論を行ったものの、「日本共産党議員団が提出した」意見書案が賛成多数で採択されたのだという。この反対討論内容も北岡市議はブログに掲載しておられるのだが、まぁ、今時もまだこういう人がいるよね(特にネットのある種の場に)的で2007年9月時点の嬉野市議の皆さんとは気が合うだろうと思われた。

 「~若者たちと考える「慰安婦問題」フォーラム~」さんの情報によると、共産党市議2名、市民連合1名、民主系1名、公明党1名、無所属1名、高志会1名の8市議による提出で、

高槻市議会は、6会派+ 無所属3名ですので、自民党以外の5会派と、無所属2名が提出議員になられています。
したがって、議員35名中、反対は、自民党6名と、反対意見を述べた北岡隆浩議員(無所属バックラッシュ)ということになります。

とのことだ。

 高槻市議会の「可決された意見書・決議」では未掲載だが、反対した市議が可決に言及しているので、間違いなし。「~若者たちと考える「慰安婦問題」フォーラム~」や「「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!」で既に紹介されていた意見書は以下の通り。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/06/29 19:49 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(4)












無料カウンター