FC2ブログ










西東京市議会が『「慰安婦」問題について、国が誠実な対応をすることを求める意見書』採択  

 西東京市の「慰安婦」問題解決を求める意見書採択の動きは、実は2009年の12月に注目していた。平成21年第4回定例会の付議案件に、『「日本軍『慰安婦』問題について、国が誠実な対応をするよう」意見書を提出することを求める陳情』があったのだ。それは、12月24日の本会議で残念ながら継続審査になっていることを確認していた。ところが、2月に開催されていた平成22年第1回定例会で12月4日付託の継続案件である陳情第29号『「日本軍『慰安婦』問題について、国が誠実な対応をするよう」意見書を提出することを求める陳情』は、結果が「とりさげ」となっていた。

 それが、その次の6月の平成22年第2回定例会では、議員提出議案第20号である『「慰安婦」問題について、国が誠実な対応をすることを求める意見書』として6月21日に追加されていた。『付議案件・結果(平成22年第2回定例会)』で、結果が「可決」であることも、すでにWEB上で確認できる。

 22付けの『~若者たちと考える「慰安婦問題」フォーラム~ | 西東京市市議会でも意見書可決!』によると、
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/06/22 17:37 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

小樽市議会が『「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書』採択  

 3月に意見書採択ラッシュがあって、私は29日に堺市議会の採択の報(ただし続報待ちにしたまま、取り紛れてしまったのだが\(-_-;))、を上げて以来。3月に多くの市議会では21年度の最終議会が開催されていたようだが、6月になって22年度の地方議会が方々で開催ということのようだ。本日、二連続で採択の報を見かけた。まずは一つ目。北海道では札幌に続く二つ目の地方議会での採択として、小樽市の意見書採択だ。

 情報は『~若者たちと考える「慰安婦問題」フォーラム~ | 小樽市で意見書が可決されました』22日付より。小樽市議会議員名簿を確認するに、提出者の筆頭である吹田友三郎市議は平成会という会派のようだが、その他のメンツに意外感がある。菊地葉子市議は共産党、斉藤陽一良市議は公明党、山田雅敏市議は自民党、佐々木勝利市議は民主党・市民連合。提出者に自民党市議が入っているのが意外というか、実にバラエティに富んでいるようだ。まぁ、自民党市議が提出者に入っているぐらいなら、そりゃ、採択されるだろうって感じだ。

 以下、「(案)」がとれていないようだが、21日の本会議で採択されたとのこと。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/06/22 12:44 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター