FC2ブログ










ベーグル研究会2010年4月の中間報告 

 ブログ界をさまよって、あちらこちらを見て回っている内に、ちょっとした「不思議」をみかけることがある。今気になっている「不思議」は、味噌を造り、柿酢まで自家製で作ってしまう生活力に満ちあふれた人物、しかも、その方は比較的洋食好みと見えるのに、パンを焼いている記述を見かけないことだ。

 酵母というやつは明らかに麹菌よりは気難しくないと思えるし、「微生物の純粋培養品がそこらのスーパーで売っているのか」と驚いている人を見かけたぐらい飼い慣らされた微生物だ。彼の人が何故パン作りエントリをあげていないのか、意外に実は手作りしていないのかと思っていたりもするのだが、とはいえ、確かに、小学生頃から焼き菓子を作っていた私も、イーストを使った焼きものに手出しをしたのは、ずっと後になってからだった。毎週、自分の食べるパンを焼くようになったのも、比較的最近のことでもある。

 実家で暮らしていた頃は、親が買ってきていたパンを食べていた。近所の手作りパン屋さんのパンだった。その味になじんでいた為、親元から独立後、とまどった。よく売っている袋入りの○●△×屋製とかの食パンの味が、口に合わないのだ。しばらく、いろいろなメーカーを食べ比べ、結局、当時住んでいた場所の近所で見つけた手作りパンを買うようになった。当然、袋入りの○●△×屋製とかのパンより高くついたが、だって、そちらの方が美味しかったからだ。

 その後、引っ越した。そして、近所に手作りパン屋さんがなくなってしまった。しばらく探して見つけた手作りパン屋さんは、自宅から徒歩10分以上は歩く必要がある食料品取り扱いスーパーの一角にあった。ただし、その食料品取り扱いスーパーは、かなり価格設定の高いお店だった。しかも、自宅より徒歩2分ほどに遙かに安価な価格設定の食料品取り扱いスーパーもある。仕方なく、一時期は○●△×屋製とかの食パンを食べていた。

 しかし、味に満足していない食べ物と長期につきあっていると、やはり、何とかしたい思いは募る。そして、多分、ふらりと入った本屋で手に取ったんだと思うが、パン作りの本を買っていた。
はじめてでも焼ける基本の手作りパン
スポンサーサイト



ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2010/04/23 18:57 ] 小ネタ | TB(1) | CM(4)












無料カウンター