FC2ブログ










実は2009年度も日本の順位は下げ止まってなかったジェンダーギャップ指数ランキング 

 これは、2009年10月末に「2009年は日本の順位が下げ止まったジェンダーギャップ指数ランキング」として公開していたエントリで広めた情報を修正するために公開するエントリである。この日本のジェンダーギャップ指数ランキングが2008年の98位から75位に上昇したというのは、けっこうな数のマスコミが報道し、元資料をあたってもそう書いてあったのではある。まさか、元資料が間違っているとは、一市民の身の上ではさすがにそこまで疑ってなかったのだが、世の中油断ができない。

 ジェンダーギャップ指数は経済、教育、健康、政治の4つの分野を対象としてジェンダーギャップのスコアを出し、それから算出されて男女共同参画の指標としても利用される数字で、2008年度と2009年度の変動は、上記、2009年10月に発表されたレポートでは、日本のランクやスコアは以下のようになっていた。
 RankScore
2009200820092008
Health and Survival41380.9790.979
Educational Attainment84820.9850.985
Political Empowerment1101070.0650.065
Economic Participation and Opportunity541020.678 0.544
 つまり健康関係と教育関係は一貫して高水準・政治参加は一貫して低水準で変動が無く、経済参加が大躍進していた。これを、私は2009年10月当時は、こう評していた。
スポンサーサイト



[ 2010/04/07 20:19 ] ジェンダー関連? | TB(2) | CM(3)












無料カウンター