FC2ブログ










我孫子市議会が『日本軍慰安婦問題に関する意見書』採択 

 2008年12月中旬頃、名古屋市がすでに決まっていた『南京交流市民イベント』への後援を取り消した出来事があった。ある種の人達が電話抗議を呼びかけた結果であるらしいと、ネットで情報収集していて察しがついた。
 2009年7月、三鷹市で企画された『夏休み・親子で平和を考えるー「慰安婦」展』が開催を危ぶまれる事態になったのは、とある保守を名乗る市民団体の人が抗議に乗り込んだこともあったが、かなりの数、電話やFAXで意見を述べる人がいたとも聞く。そのすぐ後、富山で「慰安婦」被害者である宋神道さんの映画上映も含む企画「戦争と女性の人権を考える集い」が開催される際にも、抗議の電話によって富山市が講演を取りやめるという事態が発生した。

 だから、3月10日付の『草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 「慰安婦問題に関する請願」を我孫子市議会3月定例会に提出』にて電凸が呼びかけられているのを見かけ、それを「緊急拡散」しようとしているサイトを確認したときにはかなり心配していたのだけど。

 本日未明頃確認した時点で、『我孫子市議会で「慰安婦』意見書、採択!/増田都子 - 薔薇、または陽だまりの猫』さんにて増田子さんの知らせが掲載されていた。

 この12日の総務委員会では3対3の同数となり、委員長(公明市議)採決の結果、4対3で可決されていましたが、本日の本会議で公明党(3名)・市政クラブ(3名)・共産党(2名)・あびこ21(3名)、政策グループあびこ(3名中2名)、会派に所属しない市議2名、保守会派の方1名の合計16人が賛成、保守会派と政策グループあびこ(3名中1名)計11人の反対、で可決しました。

とのことだ。我孫子市議会のサイトでも、採択結果が掲載されていた(リンク先PDF)。間違いなし。

 我孫子市の場合、請願に当たっての提案理由も一見の価値があるので引用しようとしたら、そっくり意見書に含まれていた(^^;
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/03/24 19:05 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター