FC2ブログ










あの教科書検定が「適正な経緯」だったと? 

 まずはおさらいから。

 私が『高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決(強制集団死)」の記述から「軍命」を削除した教科書検定』の異様さに、遅まきながら気がついたのは2007年6月の頃。それまでは、歴史教科書に第二次世界大戦の沖縄強制集団死は日本軍の強制である事は普通に書かれていたという。

 これまでの教科書記述は、長年にわたる沖縄戦研究の成果をふまえて、「集団自決」は日本軍の強制によっておきたものであり、日本軍による住民被害の一つの類型として説明するというものが定着してきていた。しかし、今回の検定の結果、「集団自決」を日本軍によってひきおこされた住民被害から切り離し、別の出来事として解釈できるような叙述に変えられた。このことにより、なぜ、あるいはだれが住民を「集団自決」に追いやったのかという理由がわからなくなり、教え方によっては、お国のために自ら進んで命を捧げた尊い行為であるという説明が可能になるような記述になってしまった。


『現代史研究』第53号、2007年12月「沖縄戦における「集団自決」と教科書検定(林博史)」より一部

 この、2008年度版から使用される教科書の検定は、以下のような経緯だった。


スポンサーサイト



ユーザータグ:  沖縄「集団自決」
[ 2009/11/22 23:09 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(0)












無料カウンター