スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国慶南統営市議会にて「慰安婦」問題解決要求決議案が採択 

  日本の11地方都市議会が「慰安婦」問題における日本国政府の誠実な対応を求める意見書を採択しており、韓国の地方都市では2009年9月8日に富川(プチョン)市2009年7月24日に大邱(テグ)市が日本軍「慰安婦」問題の解決を求める決議を採択している昨今。

 韓国地方都市から三つめとして 統営市が決議採択の動きをしていると報じられていたのは10月30日のこと。 日本軍「慰安婦」ハルモニと共にある統営・巨済市民の会が8月から日本軍「慰安婦」問題解決を求める決議案採択請願署名活動を行ってきたそうで、(最初見つけた報道では)2000名あまりの署名(後から、3000名近いと報じているメディアも見たが)を添えて、11月2日に記者会見をしてから市議会に請願するという報道だった。

 その決議が採択されたという報道がでていた。
 毎日経済(聯合配信)2009.11.30 11:39:23
통영시의회 `위안부문제 해결촉구 결의안' 채택 (統営(トンヨン)市議会「慰安婦問題解決要求決議案」採択)」
 この報道では統営市民3300人あまりの署名を添えた請願を受け、30日午前開かれた第123回市議会第2次本会議で、「日本軍慰安婦問題解決を促す決議案」を出席議員9人全員賛成で採択したという。

 決議案は
・日本政府の真実糾明と公式謝罪
・日本歴史教科書における「慰安婦」被害の真実を記述することと、賠償の要求
・日本議会で特別法の制定
・これらの問題解決のために、韓国政府の積極的な対日外交交渉
など4項目を含んでいるというが、決議の具体的文面がまだネット上では見当たらない……と思ったら、さっき採択されたところで、見つけたのが第一報らしい(^^;
というわけで、採択された決議の文面をネットで、見つければお持ち帰り予定。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/11/30 12:21 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

冬になっているようですね 

 我が家では秋の気配を感じた時点で既にコタツが登場していたのだが、コタツでは物足りないと要求が厳しくなってきた。

 そこで登場するのが、くっついても毛皮が焦げない、例のアレ










[ 2009/11/29 21:37 ] 猫便り | TB(0) | CM(4)

『産経の感覚は独創的』 パート8;「下野なう」満喫中 

MSN産経2009.11.27 11:48付
千葉法相、反日集会に祝電 参院議員として送った

 …産経新聞の感覚の独創的っぷりは、この記事のタイトルだけで十分すぎるかと思いつつ。産経新聞が「反日集会」と見なしているのは、この記事本文中で記述されている集会のことだろう。ということは、「慰安婦への補償や、永住外国人への地方参政権付与を求める市民集会」のことになる。以下報道より。
[ 2009/11/27 19:01 ] 四方山話 | TB(2) | CM(0)

女性差別撤廃条約の選択議定書等の批准を求める要請署名と、署名&請願関連 

 Stiffmuscleさんからお知らせいただいているが、11月11日の行政刷新会議の事業仕分け作業で、医療用漢方製剤を健康保険から除外する方向につながりかねない案(*)が出たそうで、日本東洋医学会他からの健康保険からの除外反対署名が呼びかけられている。1回目の締切が11月30日。

 そして、もう一つ、署名呼びかけが回ってきていた。
女性差別撤廃条約の選択議定書といえば、「日本の家庭崩壊の危機は、人権など西洋的な考え方を教えて日本の伝統教育がないからだ」とか、「女系天皇を認めない皇室典範は、女性差別撤廃選択議定書に違反していると」国連に通報されるといった謎の反対論が盛り上がる、例の選択議定書であるが、日本はこれに限らず、人権関連の条約の選択議定書を批准していないという。
 現在の法務大臣である千葉景子氏は、就任会見でそれらの批准を進めている考えを示したが、その後の動きは……。どうなったっけ?

 ということで、実現に向けての賛同署名が呼びかけられている。「反差別国際運動(IMADR)日本」からの「国内人権機関設置と各選択議定書批准の実現への広範な共同行動の呼びかけ」はこちらに。共同要請書の文面は以下の通り。
[ 2009/11/26 20:41 ] ジェンダー関連? | TB(0) | CM(2)

秋に美味しいもの・その5 

 立冬を過ぎているんじゃないのか?というツッコミが予想されるが、無視することして。
ストックしてある、いつか作ろうと思っていたレシピ(これがいっぱいあるんだな)の中には、「さつまいものタルト」なるタイトルのがある。いつか作ろうと思いつつ手がつかなかったのだが、買い物に行って、ふと、妙なさつまいもが目についた。

 見た目は普通に赤い皮をかぶったさつまいもなのだが、品種名付。
パープルスイートロード参考1参考2、アントシアニン含量の多さと食味の良さを兼ね備えた新興の期待品種らしい)
紫のさつまいもだ。

 …これでさつまいもタルトを作ると妙なものができるぞ(^^;(<-それが目的か)

 手元にあるレシピを見つつ、ネットでもレシピを見て回る。

ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2009/11/04 18:03 ] 小ネタ | TB(0) | CM(2)

通りすがりの黒猫さん(本物) 

 子供の頃から犬やら猫やらの本を、HowToものを含め読み漁った覚えがあるが、そういった本には犬や猫や動物と仲良くなるためには、「決して自分から(人間の方から)近寄っていってはいけない。相手が近寄ってきてくれるまで待つ。自分を押しつけない」といった方法が指南されていたように記憶している。今でこそ、それが正解だと解ってはいるが、当時はそれを読んで、動物の方から近寄ってきてくれるのを待つなんて100年待ってもそばに来てくれないのではないかと悲嘆に暮れた(笑)記憶も付随して残っている。

 だから、子供の頃は指南の方法を全然実行できていなかったはずだが、それにもかかわらず、子供の頃には、近所の野良犬や野良猫に遊んでもらった記憶はある。どこそこに行けば大抵会える小汚い雉虎のでっかい雌猫とか、近所の公園で鬼ごっこで遊んでくれた(一方的に追いかけた訳でも追いかけられた訳でもなく、ちゃんと鬼ごっこになっていた(^^;)顔に傷のある人相(犬相?、今から思うと虐待痕だったように思える)の悪いでっかい雑種犬だの、仲良しだった子達は覚えている。多分、私から近づいていったはずなんだが。

 とはいえ、近頃は、少なくとも私の生息圏では飼い主のいない犬が一匹で路を歩いている光景というのはまずお目にかからない。これは、狂犬病予防法第四条他で犬の登録や狂犬病予防接種義務や未登録で鑑札や注射済み票を身につけていない犬は抑留すべしと定められているからだ。猫に対しては法律でそういった措置はうたわれていないので、今でも結構そこらの路上を歩き回っている。私が子供の頃は、住んでいた地域がそうだったのか年代的な要因なのか、これらの措置が不徹底だったようで、野良犬は結構居たようだ。

 そういう訳で、最近は飼い主のいない犬を構う機会はないが、飼い主が付いている犬と道を歩いていると出会う機会は、それなりにある。

[ 2009/11/01 13:39 ] 猫便り | TB(0) | CM(2)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。