FC2ブログ










国分寺市議会が『日本軍「慰安婦」問題に関する意見書』を採択  

 巡回先の「調査会法情報」さんがとりあげておられたのが本日付だったので、例によって気づくのが遅れてしまったが(^^; 10月1日に、今度は東京都国分寺市議会が、日本政府に対して「慰安婦」問題に誠実に取り組むように求めた意見書を採択とのこと。関係者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございます。

2008年3月25日の兵庫県宝塚市議会
2008年6月25日の東京都清瀬市議会
2008年11月7日の札幌市議会
2009年3月25日の福岡市議会
2009年6月22日の大阪府箕面市議会
2009年6月23日の東京都三鷹市議会
2009年6月24日の東京都小金井市議会
2009年6月29日の京都府京田辺市議会
2009年9月11日の奈良県生駒市議会
2009年9月25日の大阪府泉南市議会
に続く、11都市目の「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書の採択だ。関西が5都市に、東京都が4都市、その他が2都市ということになる。

 石川先生の5日付エントリ「 国分寺市議会で「慰安婦」決議」によると、

同議会の議員名簿によると、会派の構成は次のようになっています。

 自民党・新和会5名、共産党3名、公明党4名、生活者ネット・市民クラブ4名、市民サイド4名、民主党・無所属クラブ3名、無会派1名。

 こちらのブログによると、反対は自民党4名のみだったそうです。(自民党5名のうち1名は議長)

 反対は自民党の4名というのは、「調査会法情報」さんのエントリでも同じ情報が記されていた。泉南市では公明党は反対に回ったが、国分寺市は賛成に回ったようだ。議長をのぞき23人の市議で、賛成19反対4で採択ということになる。公明が反対に回ったとしても、採択は堅かったようではある。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/10/06 19:42 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(2)












無料カウンター