FC2ブログ










「波動医学」関係者お歴々が壮観 

 『どらねこ日誌』さんの2009年09月27日付エントリ『母子の健康と代替医療⑦」を拝読して、看護師や助産師の卵さんたちが指導者からホメオパシーを奨められているとの情報があると知り、目が虚ろになった。

 おいおいおいおいおいと思いながら、Googleの検索窓に思いついた単語を書き込んでクリックすること何度か。セブンアンドワイの本屋で「花粉症にはホメオパシーがいい 治療現場からの報告 アトピー性皮膚炎からがんまで、エネルギー医学の大きな力」なる本の存在を知る。帯津良一氏と板村論子氏なる人物の共著。二人とも医師だそうだが帯津氏は、

日本ホリスティック医学協会会長、日本ホメオパシー医学会理事長、調和道協会会長などを兼務。2004年春、東京・池袋に統合医学の拠点、帯津三敬塾クリニックを開設。毎朝欠かさずに取り組む気功、全力投球の診療、そして夕刻の酒精で、自らの「いのち」のエネルギーを高めながら、いい場を創ろうと全国を行脚している

だそうだ。板村氏は

医学博士。日本ホメオパシー医学会専門医、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本心身医学会認定医、日本代替・相補・伝統医療連合会認定医。日本人として初の英国Faculty of Homeopathy専門医(MFHom)。

…はぁ。

 また、この板村氏、朝日カルチャーセンターで「心の病気に対するホメオパシー」「うつ病への理解とその予防- こころの持ち方・日々の過ごし方」という講座ももっているようだ。
 ますます目が虚ろになりながら、「エネルギー医学」なるキーワードに今後気をつけようとメモ。

 そして、関連の情報を見て回っていると、今度は「波動医学」なる言葉が引っかかってきた(^^;
スポンサーサイト



[ 2009/10/02 18:43 ] ニセ科学系トンデモ | TB(0) | CM(3)












無料カウンター