FC2ブログ










女性脳とか男性脳とかの話を有難く聞く人たちがどこにいるかは参考にしよう 

 とあるソース(後述)から、黒川伊保子氏という人物を知った。
大学卒業後に人工知能エンジニアとして脳と感性の研究を始めた、感性研究の第一人者なんだそうで、感性アナリストにして随筆家、株式会社感性リサーチ代表取締役という。大学は、理学部物理学科だそうだ。

 先だって、当ブログでは3を特別な数と主張する朝日新聞4を特別な数と主張「pokoponにっき」2を特別な数と主張する「みみずくからの伝言」5を特別な数と主張する「みつどん曇天日記」を批判すべく、8を特別な数と立証するエントリを公開した。そして、その後にも167, 009, 9を特別だと主張するエントリがそれぞれ上がっていた。

 だが、世の中は広い。知らないうちに7を特別な数と主張する文章が、すでにWEB上に公開されていたとは。その文章を書いていたのが、黒川伊保子氏である。

人間の趣向は7年で入れ替わります。趣向だけでなく、体質も7年で変わります。例えば「アトピーは発症から7年ごとに劇的に軽減する年がやってくる」と言われています。現場の医師たちの経験則から語られていることですが、これは、人間の骨髄液が入れ替わっていることが原因とも考えられます。(略) 生体に、ある一定の刺激が加えられるようになり7年経つと、身体の免疫システムがそれを刺激ではなく環境の一部と見なします。このため、アレルギー症状が軽減したり、どきどきしていたものに飽きたり、ということが起こるのです。この「趣向や体質の変換は7年周期」という視点から、ご自身の嗜好の変遷や体質、家族の関係の変化などを辿ってみると、7年周期でいろんな転換点が訪れていることに気づかれる人もいるのではないでしょうか。


スポンサーサイト



[ 2009/07/17 20:31 ] ニセ科学系トンデモ | TB(4) | CM(15)












無料カウンター