FC2ブログ










放送倫理・番組向上機構の放送倫理検証委員会がNHK番組「問われる戦時性暴力」改編問題における意見公表 

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、NHKの女性法廷に関する番組改編への政治圧力に関する意見をそろそろ公表するらしいとの報道が出ていたのは知っていたが、それが28日に出た。いち早く報道したのがMSN産経と共同(47ニュース経由)。

 共同の2009/04/28 16:29付「NHK改編問題、自主自律に疑念 BPOが指摘」では、「公共放送の自主・自律を危うくし、視聴者に疑念を抱かせた」「強い違和感がある」「(改編は)幹部が、番組の質よりも安全を優先することを選んだ」との見解があったとし、『国会対策部門と放送・制作部門の明確な任務分担などを求めた』とまとめている。

 MSN産経 2009.4.28 16:57では、

 (略)「番組制作の幹部が放送前に政治家らと面談し、前後して改編された一連の行為は、NHKの自主自律を危うくし、重大な疑念を抱かせる」とする意見を発表した。

 ただ、川端委員長は会見で「自主自律をゆがめる改編を外部の圧力で行ったと認定したわけではない」とした。
(中略)
 同番組の放送前日、NHK放送総局長らが安倍晋三内閣官房副長官(当時)を訪ね、その前後に修正が繰り返された。こうした経緯について委員会は「何人もの政治家からこの番組のことを話題にされ、有力政治家から公平、公正にと念を押される中で、番組の質より安全を優先することを選んだ」と指摘した。



 …ほんとーに、こんな風にまとめられる意見が公表されたのか?
と、思わず疑うようになった今日この頃。この二つの報道を確認した時点で、意見書本体を探しに行った。

 便利な時代になったもので、すぐに行き着いた。

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会はこちらで、「NHK教育テレビ『ETV2001シリーズ戦争をどう裁くか』第2回「問われる戦時性暴力」に関する意見を通知・公表」はこちら。意見書はここのリンク先にPDFでアップされていた。

 意見書を一読して、なんか報告書とか意見書とかというより、妙に読みやすい、柔らかい目の文章という印象を受けた。まぁ、これは内容に関係ないけど、29ページばかりあるが、読みやすくて面白い。目次の見出しを引用してみると、
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/04/29 12:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(10)












無料カウンター