FC2ブログ










国連「人種主義に反対する世界会議」が日本にとっては余所事ではなかった事を確認 

 4月20日から24日までの会期で、ジュネーブの国連本部で「人種主義に反対する世界会議」の再検討会議が開催されると報道されていた。なんでも、2001年に南アフリカ・ダーバンにおける協議で奴隷制度非難や差別撤廃への取り組みをまとめた宣言が採択されており、その行動計画の成果を検証し、今後の課題を話し合い、成果文書をまとめるのが目的だそうだ。

 しかし、これには、アメリカ、カナダ、イスラエル、イタリア、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツなどの9ヶ国等が不参加(フランスもオブザーバー参加)で、20日未明(日本時間で)の報道でも、会議の成功が危ぶまれているなどと書かれていた。前回会議が、「アラブ諸国によるイスラエル非難合戦の場となった」上に、「アフリカ諸国が奴隷制度に対する賠償を強く求めた」そうで、アメリカとイスラエルが途中退席した展開だったもんだから、今回会議も元々波乱含みだったようだ。

 米国務省のウッド報道官代理は18日、会議最終日の24日に採択する予定の人種差別撤廃に向けた政策を盛り込む文書案に「米国が異議を唱えた前回会議の精神がいまだに残されている」と述べ、欠席を表明した。文書案がイスラエルを暗に批判する記述を残している点などを指すとみられる。


読売新聞 2009年4月20日02時18分付「米国が人種差別会議欠席へ、イスラエル批判に反発か」より一部

…そりゃ、ガザ虐殺の記憶も新しい今、批判が出ないはずはない。

 そして、イランのアハマディネジャド大統領が、やらかしたという。
スポンサーサイト



[ 2009/04/24 21:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター