FC2ブログ










『産経の感覚は独創的』 パート5;DVへの感覚 

 はてなブックマーク経由で、こんなエントリを拝見した。
kei999の日記」さんの2009-04-04 付「で夫から妻へのDVは「多発」してないの?

 MSN産経の2009.4.4 19:54付記事『「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発』;『東京都が男性からの相談内容を分析したところ、4割が女性から「暴力を受けた」と回答していることが4日、分かった』との記事を紹介してらして、

おぃ! 「配偶者暴力相談支援センター」だよ。 男性の配偶者は同性婚が禁じられた日本では女性だろうし、「暴力相談支援センター」だから暴力を受けて相談するのは当然だろうて。 

相談件数は56件で、このうち22件(39・3%)が女性から「暴力を受けた」と回答。えーと、この数字で「妻から夫へのDV多発」と言うからには、夫から妻へのDVの件数を出して比較すればいいのに。 なぜ書かない?

と批判し、
 MSN産経の2009.3.12 10:22付記事『DV認知件数が過去最高 殺人も77件』を引用して、

1年間で警察が認知したDV件数の被害の98・4%、2万4808人は女性だけど、これは「多発」じゃないんだ。 産経的に。

と、的確なツッコミを入れてらっしゃるエントリだ。

 東京都の配偶者暴力相談支援センターに相談を寄せた男性の4割は暴力の被害相談というのが産経の報道だ。産経の報道では男性の被害内容は詳述されるが、残りの6割はどんな相談なのかが一切触れられていない。では、元情報を確認。

 記事にあったキーワードで検索するとすぐにわかった。
東京ウィメンズプラザ:相談室案内」からリンクが貼ってある「東京都の配偶者等暴力対策」のコンテンツ内に資料があった。どうやら2009年3月31日付で公開されたらしい「「配偶者暴力被害の実態と関係機関の現状に関する調査報告書」について (Pdf)」が、それ。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/04/05 13:30 ] 四方山話 | TB(3) | CM(10)












無料カウンター