FC2ブログ










ワラビ伝説 

 オーストラリアでぴょんぴょん跳ねている動物の話ではない。

 昨日付の4月1日付のエントリで、たとえ生の魚にビタミンB1破壊酵素が含まれていたところで、それが体内のビタミンB1を破壊して回るなんてあり得ないと断言してみた。
 その後に国立健康・栄養研究所『「健康食品」の安全性・有効性情報』のビタミンB1の項目にあったビタミンB1破壊酵素の記述を紹介してみた。該当部分を全文引用するとこうだ。

ビタミンB1を分解し生理活性を消失させてしまう酵素であるチアミナーゼ(アノイリナーゼともいいます)は、ハマグリ、アサリ、シジミなどの二枚貝、わらびやぜんまいなどの山菜、鯉や鮒などの淡水魚に含まれます。しかし、チアミナーゼは加熱することによって活性を失います。

…しかし、エントリを書いてしばらくしてからの私の脳裏に、ある記憶が蘇り、あれぇ~???となった。

 なまじ、私には余計な情報がインプット済みであったのだ。
スポンサーサイト



[ 2009/04/02 00:00 ] 小ネタ | TB(2) | CM(0)












無料カウンター