FC2ブログ










「海南島戦時性暴力被害賠償請求」高裁判決のメモ 

 26日付のエントリ、『福岡市議会が「慰安婦」問題に政府が誠実に対応するよう求める意見書を採択』のコメント欄にメモしておいた様に、26日の15時に『海南島戦時性暴力被害賠償請求事件』の高裁判決がでている。
 不本意ながらの予想通り、一審判決が支持されて、控訴は棄却された。即座と表現して良いであろう2009年3月26日 17:58付で『中国人戦争被害者の要求を支える会』に公表された『弁護団声明』(海南島戦時性暴力被害賠償請求事件弁護団および中国人戦争被害賠償請求事件弁護団)によると、支援者の皆様が尽力されてきた結果がみえる、かなり踏み込んだ内容であるようだ。

 「日本軍慰安婦」問題に関する報道は、いつもながら少ない。日本紙では、しんぶん赤旗がそれなりに、毎日が簡素に報じた程度だ。その為か、裁判で勝訴していないから「日本軍慰安婦」問題で被害事実もなかったように受け取っていると覚しき人がネットでは散見できるようだ。実際には、事実認定の段階に至った裁判では、被害事実は認められているのに。ここでは、26日 21:17付で『海南島訴訟判決文全文』もアップされていたたので、弁護団声明にしめされたポイントに沿って判決文を確認し、メモしておこう。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/03/29 15:16 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター