FC2ブログ










減らないドメスティックバイオレンス被害 

 共同通信(47ニュース経由)2009/03/24 10:12付で、こんな記事が出ていた。
DV経験、女性の3割超 05年から被害減らず
内閣府が3年ごとぐらいに(前回調査が2005年と)ドメスティックバイオレンス(DV)被害調査を行っているそうで、2008年10-11月に実施した調査、20歳以上の男女合計5000人を対象に実施し3129人から回答を得た結果が公表されたそうだ。配偶者の男性から肉体的・精神的な暴力被害を受けた女性が33.4%にのぼり、これは前回2005年の調査と比率が変わらないという。

(略)
 夫からDVを受けたことがある女性のうち、13・3%は命の危険を感じたと回答。10代から20代で恋人から暴力を受ける「デートDV」を経験した女性は13・6%で、このうち21・9%が命の危険を感じたと答えた。
(中略)
 夫からのDVでけがをしたり、精神的に不調になったりしたと答えた女性は34・8%、「デートDV」では48・4%に上った。(後略)

この記事ではデートDVに重心をおいており、件数がゼロとも思えない男性の被害については言及がない。

 一方、MSN産経 2009.3.24 10:21付の「結婚経験ある女性、11%が繰り返しDV被害 男性も3%」では、

(略)事実婚も含めた結婚経験がある女性の10・8%が夫から身体的暴力や心理的攻撃、性的強要といった暴力(DV)を繰り返し受けていたことがわかった。妻から同様の暴力を繰り返し受けた経験があると回答した男性は3・0%だった。
(中略)
 一度でも暴力を受けたことがあると回答したのは、女性が33・2%、男性が17・7%。このうち、女性は13・3%、男性は4・7%が命の危険を感じるレベルの暴力を受けたと答え、女性は34・8%、男性は14・1%が暴力を受けてけがをしたり精神的な不調をきたしたりしたと回答した。

 男性の被害に関する言及がきちんとあるのは良いのだが、どうしたことか、配偶者間DVのことばかり言及があり、デートDVの言及がないようだ。それに、数字が違っている部分があるような気がしないでもない。

 また、毎日では2009年3月24日19時35分付で報じられており、『既婚女性:25%が配偶者からDV経験 内閣府調査』。何かまた違う数字が出てるぞと思ったら、報道タイトルは身体的な暴力被害の割合だった。

 これは元々の調査結果をみておかねば。
元データはここにあった。
内閣府男女共同参画局の『配偶者からの暴力被害者支援情報 「女性に対する暴力」に関する情報』の『男女間における暴力に関する調査(概要)(PDF、平成21年3月公開)』。

スポンサーサイト



[ 2009/03/25 00:00 ] ジェンダー関連? | TB(0) | CM(0)












無料カウンター