FC2ブログ










女性差別撤廃委員会第44回会期が2009年7月から 

 2009年3月17日付のしんぶん赤旗で、『女性差別撤廃条約 国連採択から30年』という記事が掲載されていた。サブタイトルに「日本の遅れは深刻 政府に情報提供求める国連」とある。女性差別撤廃委員会が、第44回会期として、今度の7月に開会するらしいのだが、記事に色々内容が盛り込まれていることもあって、またなぜこのタイミングで報道されているのか等、記事がちょっと分かり難くかった。

 要するに、
 1,女性差別撤廃条約は1979年の12月に国連で採択されて今年で30年(国連加盟国192ヶ国中185ヶ国批准)。
 2,ILO(国際労働機関)総会が今度の6月に開催され、ここでも1985年以来、24年ぶりにジェンダー平等についても討議される予定。
 3,女性差別撤廃委員会が、第44回会期として、今度の7月29日に開会。
 4,その女性差別撤廃委員会第44回で進捗状況を討議する資料として、2008年11月20日に、日本政府へ(もちろん日本だけではない)質問を出していた。
 5,その質問が、内閣府男女共同参画局ホームページに掲載されたのが、この三月(赤旗の報道による、内閣府男女共同参画局のホームページでは2月27日付)。
という話らしい。赤旗の記事では、審査のポイントの柱などが開設されているが、まずは質問そのものを確認。

 どうやらこれがそうらしい。
内閣府男女共同参画局の『北京行動綱領(1995年)及び第23回国連特別総会成果文書(2000年)の実施状況に関する各国政府への質問状 (日本語版PDF)』
なんだか、赤旗の報道にあるような「女性差別撤廃委員会」の名詞が入っていない文面で、やや頼りなくはあるが、このPDFに序文として
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/03/23 07:03 ] ジェンダー関連? | TB(1) | CM(0)












無料カウンター