FC2ブログ










2009年のILO条約勧告適用専門家委員会報告書にて第二次世界大戦中の性奴隷制と産業奴隷制問題が言及される 

 国際労働機関(ILO)とは、

1919年、第1次世界大戦後の社会改革に対して高まる懸念、そしてあらゆる改革は国際的なレベルで進められるべきだという確信を体現するものとして、「世界の永続する平和は、社会正義を基礎としてのみ確立することができる」という憲章原則の上に設立

され、憲章として、「いずれかの国が人道的な労働条件を採用しないことは、自国における労働条件の改善を希望する他の国の障害となる」と謳っているという(ILO駐日事務所「ILOとはより)

 そして、ILO第14回総会にて、1930年6月28日採択、1932年5月1日発効された第29号条約は、「強制労働に関する条約」で現在も通用している条約だ。日本は1932年11月21日に批准している(ILO駐日事務所「強制労働ニ関スル条約(第29号)より)

 さて、それと興味をもって調べればすぐに出てくることなのだが、特に興味をもっていなければ気がつかないかもしれない「慰安婦」関係の情報として、日本が「慰安婦」問題において、ILOにおいても注目されていることもあるかもしれない。日本が批准済み以降に、上記の「強制労働に関する条約」に抵触したと判断がされているからだ。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/03/21 12:55 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター