FC2ブログ










韓国で宋神道さんの映画「オレの心は負けてない」が好意的に迎えられている 

 だいたい、今年2月後半ぐらいからだったろうか、韓国語報道で一つの話題がしきりと報じられるようになって、それが現在も続いている。

 1993年4月5日、東京地裁に提訴された「在日韓国人元従軍慰安婦謝罪・補償請求事件」を闘い抜いた、宋神道(ソン・シンド)さんの10年を描いた、ドキュメンタリー映画「オレの心は負けてない」( 安海龍監督 )が韓国で公開されるそうだ。

 宋さんは

1922年、日本の植民地支配下の朝鮮・忠清南道に生まれた。数え16歳のとき、母親によって結婚をさせられるが、式の日の夜に逃げ出し、家を出る。「戦地に行って御国のために働けばひとりでも生きていける」と騙され、中国中部の武昌へ。「世界館」という慰安所で兵隊の「慰安」を強要された。当時、兵隊に斬りつけられたキズと入れ墨が今も宋さんの体に残っている。二人の男の子を出産したが、育てることはできず、やむなく人に預ける。部隊付きにされ、時には歩哨に立たされることも。
 1945年日本の敗戦後、日本軍人に誘われ、日本に来たが、博多で放り出され、その後、在日朝鮮人のKさんに助けられ、戦後は宮城県に住んでいる。


在日の慰安婦裁判を支える会 『宋神道さんの紹介より一部』


 1992年1月に、日本軍が慰安婦問題に関与したという政府文書がでました。その時に、日本の市民団体の人達は「慰安婦ホットライン」を開設して、被害者からの情報提供を募りました。この時に、私は「在日の慰安婦裁判を支える会」の人達と出会って、1993年4月5日に一緒に訴訟をはじめました。


ソウル新聞3月3日付 『다큐 ‘나의 마음은… ’ 할머니 “일본 사죄하라”
に掲載された宋さん本人インタビューより自動翻訳(を日本語らしく手直し)した一部』

  地裁に提訴された裁判は、1999年10月1日に、背景事実と個別事実は認定されながらも棄却判決。2000年11月30日に、背景事実と個別事実そして強制労働条約と醜業条約への違法性が認められながらも、東京高裁で棄却判決。2003年3月28日に、最高裁で棄却決定された。

 この映画を紹介する韓国語報道の論調は、どれも共通している。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/03/09 18:30 ] 四方山話 | TB(0) | CM(2)












無料カウンター