FC2ブログ










トンデモを擁護する気はないが、トンデモのせいでトンデモでなさそうな部分が否定されるとしたら哀しい 

 もしこのエントリがトンデモの擁護として機能したら非常に不本意ではあるが、どうにもそのままにしておくのは気持ちが悪くて仕方ないので、コメントで書ききれなかった部分をエントリで補足してみる。

 これは、いつも遊ばせていただいている『かめ?』さんの2009年03月05日付『トンデモは、奥が深い』の話。
MSN産経 2009.3.4付の『「遺伝子の大部分が眠っている」 和歌山「正論」懇話会で村上和雄氏』について、gegengaさんは、

 村上氏は、糖尿病患者に漫才などの「笑い」を与えたところ、血糖値が下がった実験に触れ、「心を変えることが遺伝子のオン・オフに影響を及ぼす。われわれの遺伝子の大部分が眠っており、人類の可能性は計り知れない」と強調した。

と引用されている。なお、強調は、gegengaさんの引用に倣っている。

 …エントリを読ませていただいて、こりゃすごいトンデモだと思いつつ、実は、ちょっと困った。ので、こうコメントした。

「心を変えることが遺伝子のオン・オフに影響を及ぼす」 こ と がある、とまでなら言えるでしょうけど。。。(後略)

そして、gegengaさんからこうレスを頂いた。

笑うと血糖値が下がるにしても、それが遺伝子がオンになったせいだとどうやって調べたのか、とか。
「心を変えることが」というからには、「笑う」などという表層に現れる現象で判断するだけではなく、当然、「心そのもの」の実態を解明したのだろうな、とか。
色々な疑問が、頭の中をグルグルと。(後略)

…さらに、微妙に困った(^^;

 補足したくなったけど、絶対、コメントのボリュームでは収まらない。
以下、gegengaさんのコメントを誤読していると大変申し訳ないと思いつつ、「物言わざるは、腹ふくるる技なり」というらしいので、書いてみたくなったことを書いてみよう。

スポンサーサイト



[ 2009/03/06 18:00 ] ニセ科学系トンデモ | TB(0) | CM(11)












無料カウンター