FC2ブログ










ナチス収容所での性奴隷制度を告発する展示会がドイツで開催 

 ナチスドイツ軍において、より小規模という話ではあっても、日本軍の慰安所制度に類似したシステムがあったとは、吉見義明氏の『従軍慰安婦』(岩波新書 p.202-208)にも述べられており、それなりに知られている話だろう、、、というか、「日本だけが云々」の主張で、しばしば目にする話である。どちらも強制売春だから、 公式謝罪に公的な賠償、 できれば責任者処罰、もちろん当然に真相解明と再発防止をすべき話だ。

 26日付でAFP通信がこんなニュースを配信していた。
Exhibition exposes sex slavery at Nazi camps
ナチスの収容所での性奴隷制度を暴露する展示会。
 1943年半ばから1944年12月まで、ベルリン北のラーベンスブルック( Ravensbrueck)強制収容所で、抑留された人達のための性奴隷としての労働を強制されたWさんは、そこの管理者から、お前達は幸運だ、じゅうぶんに飲物も食べ物も供給され、与えられた任務を果たせば何も起こらない、と言われたそうだ。
 これらWさんの証言を中心としてラーベンスブルックでは、「1942-1945の間、アジアにおける第二次世界大戦下の「慰安婦」に似た、売春を強制させられた女性たちの運命についての展示会が開催される」、と記事は報じる。

 ナチスドイツ軍での強制売春については、日本軍「慰安婦制度」と類似したものといわれているので、買う側は兵士だと思っていたのだが、
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/02/27 19:00 ] 四方山話 | TB(0) | CM(2)












無料カウンター