FC2ブログ










ガザ採取土壌から、研究室レベルで白燐が検出される 

 これは、エントリにしておきたかったものの、今日まで取りこぼしていた情報。
報道が出てから既に一週間経っていて、日本のマスコミは今後も取り上げてくれない様な気がするので、自ブログに収録して保存しておこう。

 ガザ虐殺において、燐兵器が使用されているのは目撃証言などから判断して、すでに明らかだと見て良さそうなのだが、証言以外でも証拠が押さえられました、という話。今回もまた、イランの国際紙「Press TV」からで、
2009年2月18日付の『Lab tests verify white phosphorus in Gaza soil』。

 研究室における試験で、ガザの土壌における白燐の存在が立証された、と。

Laboratory tests conducted by a Turkish university on Gaza soil have confirmed the use of phosphorus bombs by Israel in the coastal sliver.
トルコの大学によって、ガザの土壌に対して行われた検査は、「the coastal sliver」においてイスラエルが白燐爆弾を使用したことを確認した。

…ここで困ってしまったのだが、「the coastal sliver」が解らない。特定の地名ではなさそうだがコメント欄で御教授いただきました、「the coastal sliver」もガザ地域そのものを指すようです

 記事によると、検査を行った機関はイスタンブールのYildiz工科大学で、試料をもちこんだのは「the Association of Human Rights and Solidarity for Oppressed Peoples (MAZLUM-DER)」(抑圧された人々との連帯と人権協会?)。ガザ虐殺報道においてよく見かける、トルコの人権団体だ。
 検査の結果、試料に白燐粒子が存在していることが確認され、それを「the daily Vakit reports」がレポートしたとのことだ。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  ガザ虐殺
[ 2009/02/25 17:36 ] 四方山話 | TB(1) | CM(15)












無料カウンター