FC2ブログ










低体温に注目… 

 当ブログの2008/10/31付エントリURLを紹介したブログ記事が引用するには、真弓定夫・医学博士はこのような主張をしているそうだ(正し記載がないので出典不明)

『終戦後60年余、日本人の免疫力は著しく低下し、それに伴って医療費の考えられない高騰を招いています。免疫力の低下で、もっとも注目しなければならないのが低体温です。体温が低くなると筋力が低下することで、活動力、生活力の失調を招きます。』

牛乳を飲んでいるから免疫力を落ちたとは言わないらしい。

 そして本日、ほぼ同じ真弓医師の主張に言及しているらしい(ちょっと記述が分かり難かった)ブログ記事を見かけた。その記事では上記に加え、

自律神経のバランスやホルモンの分泌も乱れ様々な病気の因になり、思考力や判断力が衰えるため、心の偏り・異常行動の引き金になります

と、大変なことになるようだ(棒)。ちなみに、2008年6月時点の真弓定夫医師によると『いま日本に現れているようなアレルギー、糖尿病、がん、心の偏り』は、牛乳等を摂取しているのが原因だそうだが?

 また、この類似路線としては、『人は体が冷えると心まで冷え、マイナス思考に陥りやすくなる』という話がネットのそこここで確認できるようである。
 先のブログに戻ると、

新潟大学大学院教授の安保徹先生は【低体温が万病を作る】と言ってますが、私も全く同感です。(中略)【子宮・卵巣・生殖器】が冷えると婦人病や更年期障害になり、妊娠もしにくくなり、子宮や羊水が冷えると低体温やアレルギーの子供が生まれやすい。との事

…また、母親を不安にさせるような表現でうんざりしつつ、さらに詳しい情報を探してみる。

 そもそも、安保徹氏という人物を知らなかったのだ。
検索した。
スポンサーサイト



[ 2009/02/18 19:00 ] ニセ科学系トンデモ | TB(3) | CM(8)












無料カウンター