FC2ブログ










南京大虐殺記念館所蔵写真展示を理由に、名古屋市が南京交流市民イベント後援取り消し 

 帯広市が『「わたしたちと日本軍『慰安婦』問題」』と題した「慰安婦」被害者の証言を聞く集会の後援依頼を断ったことが思い出される。

 妙な話だ。当初、このエントリは魚拓保存だけのつもりだったのに、思わず力が入ってしまった。

中日新聞 2009年2月8日 朝刊で
南京交流市民イベント 名古屋市が後援取り消し
 昨年12月が名古屋市と中国南京市との友好都市提携30周年だったそうで、3/24-29に、「アジア・ボランティア・ネットワーク東海日中友好協会愛知県連合会など日中の交流事業に取り組んできた団体や市民ら」が交流イベントを企画しているそうだ。その交流イベントに、名古屋市は一旦「後援」を決めておきながら、許可を取り消しており、その理由が「会場で南京大虐殺記念館所蔵の写真を展示すること」だという。この「後援」、もともと、費用補助などの具体的な支援無しの「お墨付き」レベルのものだそうで、それだけに返ってなんだそりゃ?な感想は強まる。

 記念館の写真の一部については、政府が「事実関係に強い疑義が提起されているものが含まれている」との見解を示している。主催者側が提出した事業計画書には記念館の資料を展示する旨を明記していたが、市は「写真が含まれていると思わなかった。審査が不十分だった」と釈明している。
(中略)
 同市国際交流課によると、準備会は昨年11月、名古屋市に後援申請し、3週間後に許可を受けた。市はその後、イベント予告の新聞記事などで写真展示があることに気付き、記念館についての政府見解を衆院のホームページで確認。外務省などに問い合わせしないまま、「市が後援することで、事実関係に疑義がある写真について、真実であると政府見解と異なる誤解を市民に与える恐れがある」として、12月中旬に取り消した。

 準備会事務局の森賢一さんは「展示内容は市と協議して決めると伝えてある。後援の取り消しは一方的すぎる」と撤回を求めている。

スポンサーサイト



[ 2009/02/08 14:51 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(6)












無料カウンター