FC2ブログ










麻生鉱業捕虜強制労働問題に関する質問趣意書情報 

 民主党の藤田幸久参議院議員といえば、2008/9/11には、きくちゆみ氏・ベンジャミン・フルフォード氏とともに「9.11真相究明講演会」でパネル・ディスカッションを行うなど、911陰謀論支持議員として、一部では名の知られた人物ではあるが、一方では田母神元統合幕僚長問題で、統幕学校教育についての国会で質疑にたったりといった方向の活動もしている人物ではある。911陰謀論を信じている議員さんでは、うさんくさく感じてしまうが、この度のアクションに関してはリアクションへの興味が勝った。

 この、藤田議員、麻生鉱業捕虜使役問題に関しての質問主意書を提出していたそうで、その答弁が6日にで、それを受けて6日午後に「麻生鉱業捕虜使役問題に関する報告会・記者会見」を行ったそうだ。
 なお、1/29提出の「戦時中の連合国捕虜使役問題に関する質問主意書」PDFファイルへのリンクはこちら。PDFファイルが縦書きなので、項目見出しのみ引用

1,先の大戦中の戦時捕虜に関する資料の保管状況について
2,捕虜問題の担当部局および責任者について
3,捕虜問題の認識について
4,豪州元捕虜・家族らの訴えについて
5,麻生鉱業捕虜使役に関する情報の確認について
6,麻生百年史」における記述と実態について
7,ニューヨーク総領事館ホームページでのインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙記事への反論について
8,労賃の支払いについて
9,捕虜問題の解決に向けて

参議院ホームページのこの件に関する質問主意書情報ページはこちらだが、まだ掲載されていないので、答弁内容そのものは今のところ確認できていない。
で。

 …きょろきょろ。
今日は7日。不思議なことに、この件に関する日本紙報道を見つけることができない。
今のところ唯一発見できた日本語報道は、中央日報日本語版。どなたか素早い方が魚拓を撮っていてくださった。
麻生首相の父、炭鉱で朝鮮人を強制労働させる
スポンサーサイト



[ 2009/02/07 19:30 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター