FC2ブログ










中国遺棄化学兵器処理事業に関する産経報道と中国紙報道の食い違い 

 産経新聞発の情報で、同様の報道が産経配信のYahooやGoo等でしか確認できない場合、その情報の信頼度はどれぐらいだと感じるだろう? 私なら、もはや習慣で保留印をとりあえずつけてしまっている。

 いつも(こちらが一方的に)情報を頂いている(けど、こちらから言及リンクのお知らせにお送りしているトラックバックは全然通らない…orz)調査会情報』さんの24日付記事によると、23日付で産経新聞からこんな報道が出たらしい。

 MSN産経 2009.1.23 01:30
遺棄化学兵器処理「ハルバ嶺」凍結 政府方針、事業費を大幅削減 (1/2ページ)
遺棄化学兵器処理「ハルバ嶺」凍結 政府方針、事業費を大幅削減 (2/2ページ)

 旧日本軍が中国に遺棄したとされる遺棄化学兵器の処理事業をめぐり、政府は、砲弾の大部分が埋まっている吉林(きつりん)省・ハルバ嶺(れい)でのプラント建設事業を今後3年間凍結し、事業規模を大幅に縮小する方針を固めた。複数の政府筋が22日までに明らかにした。ハルバ嶺の事業凍結に伴い、中国各地に散在する小規模発掘事業での砲弾回収・無害化作業を先行実施する。これにより事業費は10分の1ほどに縮小される可能性もあり、実態が不透明だとの批判が出ていた処理事業は大きな転換点を迎えた。
(中略)
 処理事業は平成11年度から始まり、19年度までに約540億円が投入されている。(略)施設建設費だけで2000億円以上の出費が見込まれていた。
(中略)
 与党内などから今後、日本側の負担がどこまで膨らむのか分からないという批判が出たことを受けて、政府は20年3月で処理機構との契約を打ち切るとともに事業計画を再検討。「ハルバ嶺の巨大施設建設には合理性がない」と判断し、当面の事業凍結と事業規模の縮小方針を決めた。

 この記事は、この問題に取り組んでいるらしい戸井田とおる衆議院議員のブログ;1月23日付エントリによると、一面トップだったとのこと。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/01/24 12:48 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター