FC2ブログ










ガザ空爆の報道メモ、他(2009年1月2日分) 

 日本紙報道の遅さが目に付くが、AFPでは報じていた。やはり、イスラエルは2日も空爆を続けたようだ。27日に空爆が開始されてから既に一週間という。

医療関係者らによると、過去1週間の空爆でのパレスチナ側の死者は少なくとも442人負傷者は2180人に達している。国連(UN)では死者のうち少なくとも25%は民間人だと試算している。

一方、

 ハマスは抗戦を続けており、イスラエル領内に夜通しロケット弾を打ち込んだが、イスラエル側にあらたな死者は出ていない。ハマスはこれまでに360発を超えるロケット弾を発射し、イスラエル側で4人が死亡、数十人が負傷している。一部のロケット弾は、ガザ地区との境界からイスラエル領内に40キロの地点という、これまでで最も遠い位置にまで達した。


(以上、2箇所、AFP通信 2009年01月02日 21:42 発信地:ガザ市/パレスチナ自治区『ガザ空爆1週間、停戦見えず』より)

…一番遠くまで飛んでやっと境界から40キロというのだ。そして、ガザ地区内は封鎖されていて医薬品やエネルギー、食糧も不足しているそうだ。負傷者が満足な治療を受けられているとは思えない。

 昨日の元旦には、ハマス幹部が空爆で殺害されたと報じられているが、

 殺害されたハマス幹部は、ガザ地区北部の責任者で、政治部門の最強硬派ニザル・ラヤン氏。イスラエル放送によると、ラヤン氏は直前に空爆について警告を受けたが退避せず、妻と子供ら9人も巻き添えで死亡した。他のハマス幹部は空爆を逃れるため行方を隠しているが、ラヤン氏は自宅にとどまっていたという。

 軍はガザ地区周辺に、地上侵攻に備えて数千人の部隊を配置。ビルナイ国防副大臣は軍放送に「ハマスに強烈な打撃を与える作戦は始まったばかりだ」と語った。


(毎日新聞 2009年1月2日 11時41分『ガザ空爆:死者412人に ハマス有力幹部、家族を殺害』より一部、強調は引用者による)



 2日時点では、停戦の目処も立ってないとの報道になっているが、停戦案はフランスから出ていたらしいのだ、、、が。。。

イスラエル政府は31日、主要閣僚らによる治安閣議を開き、パレスチナ自治区ガザ地区への空爆を巡ってフランスが提案した48時間の「人道停戦」を拒否、作戦の続行を決めた。ただ、イスラム原理主義組織ハマスによるロケット弾攻撃の全面停止を前提とする長期停戦案には検討の用意があるとしている。


(毎日新聞 2008年12月31日 20時16分『ガザ空爆:イスラエル、48時間停戦の提案を拒否』より一部)

この「人道停戦」というのは、こういったもの。

 イスラエルのリブニ外相は1日、パリを訪問しフランスのサルコジ大統領とパレスチナ自治区ガザをめぐる紛争について会談した。外相は会談後、記者団に「われわれは、ガザの人道的状況をあるべき姿に維持している」と述べ、ガザへの救援物資搬入のため停戦を求めたフランスの要求を拒否、現段階で空爆をやめる考えがないことを示した。
(中略)
 リブニ外相は停戦について、ガザの強硬派ハマスの対イスラエル攻撃中止が前提だとした上で「イスラエルは、ハマスのテロリストと民間人を識別して作戦を遂行している」と強調した。


(毎日新聞 2009年1月2日 11時25分『ガザ紛争:「空爆停止せず」イスラエル外相、仏大統領に』より一部)

…よくもまぁ、ぬけぬけと言えるものだ。

 なお、リビアが12月31日に国連安保理に提出したイスラエル非難決議案は、米英などの反対で採決されなかったという

以下、いくつかメモ。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  ガザ虐殺
[ 2009/01/02 23:04 ] 四方山話 | TB(2) | CM(4)












無料カウンター