FC2ブログ










産経新聞19日付「主張」欄における南京大虐殺記念館の三枚の写真撤去報道に対する記念館側の言い分 

(22日、加筆有り)

 南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)が、産経新聞19日付「主張」欄にて、報じられた内容が捏造だと抗議している件について、メモ(の続き)。

 産経の「主張」(2008.12.19 03:59)では、「連行される慰安婦たち」とされる写真をはじめ3枚の写真について

日本の外務省は同記念館が南京事件から70年にあたる昨年12月に再オープンして以降、この3枚を含む複数の写真について、史実に反するなどとする日本の学問状況を非公式に中国に伝えてきた。

「連行される慰安婦たち」以外の二枚について、19日の主張内では明記がないが、これに先立つ17日の報道で「連行される慰安婦たち」「日本兵に惨殺された幼児たち」「置き去りにされ泣く赤ん坊」と明記されている。

 19日夜に、記念館側が産経「主張」の内容が捏造だとして抗議声明(2008年12月19日 19时50分)を出し、日本語の情報としては、サーチナニュース『南京大虐殺記念館が産経新聞に反発「写真撤去はない」』(2008/12/20(土) 11:09配信)とレコードチャイナ『記念館が「信ぴょう性乏しい写真撤去」報道に反論―中国』(2008-12-20 11:28:55 配信)が伝わる。

 20日夜になって、記念館の朱成山館長の見解を、中国語紙が2社報じている。
中国新闻网 2008年12月20日 20:23付
朱成山驳日媒:三历史照片从未纳入南京大屠杀展
内容を、自動翻訳複数にかけて、原文と見比べて、表現を調整したメモとして保存。

 産経報道と、記念館の抗議声明を紹介した後で、
スポンサーサイト



ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/12/21 16:06 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(10)












無料カウンター