FC2ブログ










「旧軍と自衛隊に連続性はない」…本当に? 

 こういう報道を見かけてしまったら、また、つい、田母神氏がらみをエントリに取り上げずにはいられない。

 航空自衛隊第二術科学校の学校長らが、田母神俊雄空幕長(当時)の方針を受け、東京裁判でA級戦犯として処刑された七人の軍幹部を埋葬している「殉国七士廟(びょう)」(愛知県)を訪問し、今後、同地への研修を進めようとしていることが十六日、分かりました。(中略)

 井上氏が示したのは、同校のある空自浜松基地(静岡県)の新聞「遠州灘」(五月二十日付)。「英霊を訪ねて」という見出しで、「空幕長の歴史教育重視の方針を受け…、学校長以下七名で現地偵察を行いました」と報道。今後、「使命教育」の一環として同地への「現地研修」を予定していると記述しています。(後略)


(2008年12月17日(水)「しんぶん赤旗」
空自が戦犯廟研修   井上氏指摘 田母神氏方針受け』より、強調は引用者による)

 井上哲士議員が16日の参院外交防衛委員会で示し、そして、「田母神氏が主張した旧軍と自衛隊を連続したものととらえ、かつての侵略戦争を正当化する考えが自衛隊内に広く存在しているのではないか」と、指摘したとのこと。

 しんぶん赤旗でも、その懸念を裏付ける例として、以下と同じ件を井上議員が挙げたと報じているが、ここでは『世界の片隅でニュースを読む』さんの2008-04-27 12:40付エントリ(主なソースはしんぶん赤旗27日付だそうなのだが(^^;)から引用させていただこう
スポンサーサイト



[ 2008/12/17 08:11 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(4)












無料カウンター