FC2ブログ










中国から新たに「慰安婦」被害者が名乗り出る 

 今年、2008年は盧溝橋事変71周年で侵華日軍南京大屠殺71周年、そして12月13日が日本軍が南京を占領した日ということで、12日付で、中国網日本語版は『南京大虐殺の新しい証明』として「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」の朱成山館長がこの1年で「816件の新しい史料を収蔵したと明らかにした」記事を掲載したり、杜雅莉報道は駐香港日本総領事館前で、日本の香港統治下に市民に強制的に香港ドルと両替させた軍票の弁償を要求し、南京大屠殺に関する教科書記述改竄に抗議するデモが起こっていると報じている。

 でも、それよりも中国紙で昨日以来大きく取り上げられているのは、あらたに「慰安婦」被害者が名乗り出られた件だ。

 新華網 2008年12月11日 17:32:11 『《世紀吶喊──67位幸存慰安婦實錄》在南京發行 (《世紀の叫びーー67人の生き残った慰安婦実録》を南京で発行)』
 中國新聞網 2008-12-11 『15位中國籍慰安婦首次公開身份 (15人の中国籍女性が『慰安婦』であった経歴を公開)』

 以上が昨日時点で見つけていた報道。中国網日本語版で翻訳記事が出るのを期待していたのだが、出ないようなので仕方ない。自動翻訳さんたちにお願いして、まとめてメモ。
 なお、その他の報道はざっとこの辺で、同内容が複数の新聞から配信されているようだ。内容は上記2報道と、ほぼかぶっているのでリンクのみ。

 大公報 2008-12-11『15位中國籍慰安婦首次公開身份
 央視網 CCTV.com 2008年12月12日 10:09『中國"慰安婦"李金魚老人在江蘇南京公開身份(圖)
 新華網江蘇頻道 2008年12月12日 15:15:42  『哭訴血與淚的經歷 67位幸存慰安婦的"世界吶喊"


 そして以下が、新華網と中國新聞網の自動翻訳にかけた記述をまとめ、他報道と原文の漢字を参照してまとめたもの。
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/12/12 19:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(4)












無料カウンター