FC2ブログ










人の顔の区別って難しい 

 あまり………どころか、全然、自慢にはならないが、人の顔を見分けるのが苦手だ。就いている仕事がそういうものなので、年に1回か2回、定期的に顔を合わせる仕事がらみの知人が相当数いたりもするのだが、その大半は、ほぼ確実に顔を覚えていない(<-きっぱり書いている場合でもないのだが…orz)

 しかし、どうやら、世間一般の大多数の人達は、私より遙かに人間の顔を見分ける能力を備えているらしく、大抵は先方が目上であるにもかかわらず私を見かけて声をかけてくださるのだが、、、その場合、こっちは相手が誰だか解らないという困った事態が発生する(^^; 名札が付いている場合だと、こっそり名前を確認するという手段も使えるのだが、名前を見ても誰だか心当たりがない場合すらある(爆)。

 人間の顔や名前を覚える意欲が低いのではないかと推測しているのだが(<-自分のことなんだけど…orz)、これが、別の場合で、相手が犬や猫を連れている場合だと、その犬猫の方は見分けているので言い訳に苦慮する羽目になる(<-自業自得だけど…orz)
…えーっと、だから、ここを見ているリアルで顔を合わせている数少ない皆様、もし何かの機会で町中ですれ違って無反応だった場合、別に無愛想なんじゃなくて、単に気がついてないだけです本当です。

 そういえば、私の勤務先の部署には、いつも営業に来る保険会社の人(女性)と、いつも営業に来る銀行の人(女性)が各一人ずついる。この前、保険会社の人にある相談をし、、、そのしばらく後に、営業に来た女性に「この前はありがとうございました」とお礼を言ったら、別の、銀行の人の方だったということがあった。同じ部署の橋本さん(仮称)に、「どうして間違うのっ?! 全然違う顔でしょっ」と怒られたので、次にそれぞれ来たときに確認したら、本当に全然違う顔だったりしたこともある(<-ぉぃ)。


 というぐらい、私は人の顔の見分けを付けるのが苦手なのだが、これはこれでたまには良いこともある。
というのは、このところ見ている武侠ドラマでの話。
スポンサーサイト



[ 2008/12/07 20:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(2)












無料カウンター