FC2ブログ










「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」第5回大会がハーグにて開催 

 10月1日から三日間の日程で、「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」第5回大会がオランダのハーグで開催されてたという報道が共同から出ていたのでお持ち帰り。前回の第4回は2006年の8月26ー27日にフィリピンで開催されていたそうで、この「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」そのものは、2003年9月18日に上海で結成されたという。

日中韓などの民間団体が、日本の侵略戦争と植民地支配の清算を求めるために〇三年九月に中国の上海で結成した組織。二〇〇〇年十二月に「女性国際戦犯法廷」(東京)を成功させたアジアなど各国の団体は、〇一年に日本政府が「新しい歴史教科書をつくる会」主導の歴史をわい曲した中学生用歴史教科書を検定合格させたことをきっかけに、日本の過去の清算を求める国際連帯活動を活発化させました。〇二年五月には、北朝鮮の平壌で「日本の過去の清算を求めるアジア大討論会」を開催し、協議会が結成されることになりました。

2004年6月17日(木)「しんぶん赤旗」『日本に過去の清算求め国際大会 ソウル
 アジアの連帯願い 元「慰安婦」ら証言/右傾化に警戒』より。

 今回は、『戦時下の文民保護や捕虜の扱いなどを定めたハーグ条約(1899年調印)が1907年に改定されて101年になるのを記念して』ハーグで開催されたそうだ(101年目って、微妙にキリの悪い数字だとは思うが)

 そして、

韓国や北朝鮮、オランダ、日本など6カ国・地域の市民団体代表らが参加し(略、本大会で)4日「戦時中、多くの外国人を強制的に使役した過去に対して、言及も反省も行っていない」と麻生太郎首相らを非難する声明を採択

したそうで、また、

声明の草案は「ハーグ条約に基づいた日本の戦後処理は終わっていない」と指摘した上で、小泉純一郎元首相以来の首相を名指しして「歴史認識と反省を欠いた挑発的な外交姿勢を深刻に憂慮する」と述べた。



 そして、同じURLと同じタイトルで配信されている記事が、2008/10/05 00:18付だと少し内容が変わっていたのを確認したので新たに魚拓取得。加筆されていた部分は以下の通り。

 声明は「ハーグ条約に基づいた日本の戦後処理は終わっていない」と指摘した上で、日本政府に「真実の隠ぺいと歪曲をやめるよう求める」と述べた。

 大会では北朝鮮の「日本軍慰安婦および強制連行被害者補償対策委員会」の洪善玉委員長が「日本政府は謝罪し、犠牲者らに補償するべきだ」と述べるなど、各国から犠牲者ら個人への補償を求める声が上がった。



 草案に書かれた内容が,実際の声明でどうなったのか興味があるのだが,採択された声明が今のところ見つけられない。2008/10/05 00:18付を見るに、採択声明には盛り込まれなかったのかもしれないが、現在、「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」のホームページなどないか探索中。


 ところで、名指しだった麻生首相は、おそらくは、現首相であることだけが、非難で名指しされた理由ではないだろう。
桜井ジャーナル:マスコミが報道しない事実」さんの2008/08/20付

スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/06 20:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)












無料カウンター