スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

知的雑学に関する情報収集 

 取り上げたいネタはあったのだが、ものすごい話を見つけてしまったので、とりあえず、これをお持ち帰り(^^;

 メールマガジンまぐまぐの「知的雑学のすすめ」、2006/04/16付「胎児の知恵と胎児の夢  ブラゼルトンの反応と10億年の夢
なお、以下の部分では、命を絶つ類の話に再三言及しているので、続きを読まれる方はどうかそのおつもりでお願いしたい。

 導入部は略して

胎児は一つの生命ですが、その知恵はあまり知られているとはいえません。

ブラゼルトンの反応といわれる事例があります。
T.B.ブラゼルトンとはブラジルの小児科医の名前ですが、彼がこの反応を最初に発表いたしました。

…私は勉強不足なもので知らなかったのだがDr.ブラゼルトンは、その道ではきちんとした権威らしい。

生まれたばかりの赤ちゃんをお医者さんが抱きます。
それから実際の母親と看護婦さんにその赤ちゃんに声をかけてもらいます。
声がほとんど同じ高さであっても、赤ちゃんは必ず母親の方を向くというものです。

この路線がもう少し言及された後、話は唐突に変わる。
スポンサーサイト
[ 2008/10/31 00:00 ] ニセ科学系トンデモ | TB(3) | CM(9)

朝鮮半島からの「慰安婦」問題に関する動き、取りこぼしていた二件 

  韓国の議員、ハンナラ党の김영선(キム・ヨンソン)氏という人物は、このところ、韓国紙で「慰安婦」問題の情報を探しているとしばしば目にするお名前だ。

 My Goyang新聞(自動翻訳によると、高揚新聞)の2008年10月10日付『김영선 국회의원 위안부문제 토론회 (キム・ヨンソン国会議員「慰安婦」問題シンポジウム )』で、

 キム・ヨンソン議員が代表である「国際知識経済と分かち合いフォーラム・民主情報経営フォーラム」は、10月2日の午後、国会図書館小会議室において「日本軍慰安婦問題、国際的世論拡散及び法的サポート法案のためのシンポジウム」を開催した。この日のシンポジウムは、「日本軍慰安婦」関連の各界専門家を招き、「慰安婦」の真相究明と、日本の真生な謝罪と「慰安婦」問題を乗り越える文化を国際的に広め、「慰安婦」被害者らのための法的支援策を探ることが論議された。(後略)

というような報道が出ていたのだが、その続報も出ていた。

 「討論があるインターネット新聞」데일리안(自動翻訳によるとテイルリアン)というメディアのようだが(<-よく解っていない(^^;)
それの2008-10-23 15:43:22付『위안부할머니 돌아가셔도 안끝난다 (「慰安婦」被害者が亡くなっても終わらない)』から自動翻訳の意訳の抜粋、
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/30 17:37 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

韓国議会で採択された「慰安婦」名誉回復決議案本文 

 『調査会法情報』の10月28日付記事;『調査会法情報081028 (韓国「慰安婦」決議)』にて、強制動員真相究明ネットワーク提供(森川静子氏翻訳)の『日本軍「慰安婦」被害者の名誉回復のための公式謝罪及び賠償を催促する決議案』を掲載してくださっていたので、お借りしてきた。

日本軍「慰安婦」被害者の名誉回復のための公式謝罪及び賠償を催促する決議案

議案番号
提案年月日 : 2008. 10. 8.
提 案 者 : 女性委員長

   
主 文

 大韓民国国会は、第2次大戦の期間に日本帝国主義の軍隊が、当時の朝鮮人女性をはじめとして、アジアのさまざまな国の女性たちを強制動員したり拉致して、性奴隷(「慰安婦」)化したことに対し、

 2007年の米国下院の決議案採択を始まりとして、ヨーロッパ議会、オーストラリア、オランダ、カナダ、フィリピン下院で決議案が採択されるなど、全世界的に日本の公式謝罪と賠償、そして後世のための教育が必要だという、国際的認識が具体的に広がっていることを励ましと考え、

 特に2008年3月以後、日本の宝塚市議会、清瀬市議会などの地方自治体で、「『慰安婦』問題に対する政府の誠実な対応」を要求する請願と意見書が採択された点を歓迎し、

 1993年のウィーン国連世界人権大会以後、国連人権委員会を中心に2008年6月に至るまでの去る15年間、国際社会で持続的に提起されてきた、日本国に対する「慰安婦」問題の解決を催促する多角度の勧告を、日本政府が受け入れずにいるという点に、深刻な憂慮を表し、

 「慰安婦」の被害を受けた生存者の健康状態が甚だ悪化し、生存者の数が急激に減っている現状況で、日本軍「慰安婦」被害者の名誉回復のために、次のように決議する。


1. 大韓民国国会は日本軍「慰安婦」被害者の名誉回復のために、1930年代から第2次大戦に至る期間に、アジア・太平洋地域の女性たちを日本帝国主義の軍隊の性奴隷化したことに対し、被害者たちに日本政府が公式に謝罪することを催促する。

2. 大韓民国国会は、日本軍「慰安婦」被害者の実質的名誉回復がなされるようにするために、日本政府が反人権的犯罪行為について、日本国内の歴史教科書にその真実を十分に反映し、「慰安婦」被害者たちに対して被害の賠償をすることと、日本の議会が関係法の制定を速やかに推進することを催促する。

3. 大韓民国国会は、日本軍「慰安婦」被害者の名誉回復のために、国連人権委員会と国連女性差別撤廃委員会など、国際社会の勧告のとおり、日本政府が公式謝罪、法的賠償及び歴史教科書への反映を履行するよう、韓国政府が積極的でしかも明白な役割をすることを催促する。


『提案理由』
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/28 12:39 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(0)

韓国議会で「慰安婦」名誉回復決議案採択 

 今月8日に、韓国国会の女性委員会で「慰安婦名誉回復決議案」が議決されていた事は当ブログでも取り上げていたが、どうやら続報とでも呼ぶべき報道が出たようだ。

 毎日経済(聯合)2008.10.27 10:52:25付、
국회, 일본군위안부 피해 사과.배상촉구 (国会、日本軍「慰安婦」被害への謝罪と賠償を要求)」、
サブタイトルで、「日本政府へ公式謝罪、被害補償、関連法制定を要求」。

 以下、自動翻訳をいくつかかけた最大公約数的なんちゃって翻訳のメモ。

 韓国国会は27日の本会議で、日本軍「慰安婦」被害者名誉回復のための、公式謝罪および賠償要求決議案を通過させた。決議案は、「1930年代から第二次世界大戦に至る期間に、アジア・太平洋地域の女性らを日本帝国主義の軍隊における性奴隷とさせたことに対して、日本政府が被害者らに公式謝罪することを促す」という内容だ。

 決議案はまた、「日本政府が、人道に反する犯罪行為に対して日本国内の歴史教科書に真実を十分に反映させ、『慰安婦』被害者らに対して被害を補償することと、日本国会が関連法制定を迅速に推進すること」を促す一方、このために韓国政府の積極的で明白な役割を果たすことを要求した。

…相変わらず、決議本文見つけられず(^^;


ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/27 12:35 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(3)

密約が多すぎる 

 今月初めに、ニュースをチェックしていて沖縄にまつわる日米間密約の報道が出ていた。しかし、それ以前にも密約の話はそこここで目にしていて何が何やら状態だったので、なごなぐさんにお尋ねすると、エントリで整理して教えてくださった。どうもありがとうございました。

沖縄返還に際して大きく分けて三つの密約があります。

1. 安保条約に基づき米国がすべき在日米軍基地に関わる諸経費の負担を、在沖米軍基地に関しては日本政府が肩代わりする密約。
2. 沖縄への核持込・配備に関する密約
3. 在沖米軍基地の復帰前と同様の自由使用を保障する密約

今回の密約は、1に関することであり、核密約とは別の案件といえます。


 そしてまた、報道を見ているとこんなのが出ていた。
 河村官房長官が、23日午後の記者会見で、また何かの密約文書が米国立公文書館で見つかったそうで、それについて、

「(事件は)検察当局において法と証拠に基づいて適切に処理している」と指摘した上で、「日本人による事件と米軍構成員による事件とで起訴すべきか否かの判断に差はない。第1次裁判権を行使しないこととする日米間の合意、密約はない」と述べた。

(時事ドットコム2008/10/23-20:13付より「日米密約を否定=河村官房長官」。強調は引用者による、以降も同様)

 今度の密約はなんだろう、と探すとすぐに報道がたくさん出ていることが解った。チェックが遅かったようだ。
[ 2008/10/25 08:00 ] 四方山話 | TB(2) | CM(2)

韓国から10月21日付で「慰安婦」被害者の訃報 

 2000年の9月20日のこと。
アメリカ議会は韓国の「慰安婦」被害者に「尊厳および名誉の女性のための2000年人権賞」を送ったという。

 9月20日、米ワシントンのレイバンビル(議員会館)で、主催WASHINGTON COALITION FOR COMFORT WOMEN ISSUEによって、韓国、フィリピン、台湾などの元「慰安婦」に、「尊厳および名誉の女性のための人権賞」が授賞された。韓国は6人で、キムサンヒ(金相喜)、ファンクムジュ(黄錦周)、キムウルレ(金殷禮)、イヨンス(李容洙)、キムプンソン(金粉先)、ムンビルギ(文必基)さん。
 ほかに、フィリピン2人、中国、台湾各1人の計10人が受賞。
 授賞式には、エバンズ民主党下院議員、ルービン米国連人権委員会担当大使、ローゼンボーム司法省特別査察室長も出席した。韓国大使館からは出席者がなかった。

 私は被害者のお名前をあまり知らないので申し訳なく思いながらも、でも少なくとも、黄錦周さん、李容洙さん、文必基さんは存じ上げているお名前だ。文さんは、今年の3月5日に亡くなられている
 そしてまた、この中のお一方が亡くなられたという。
  
仁川日報 20081023日付。
위안부 피해자 김은례 할머니 별세 (「慰安婦」被害者キムウルレハルモニ死去)」。
および、OhmyNews 2008.10.22 10:20付
일본군 '위안부' 피해자 김은례 할머니 하늘나라로 (日本軍「慰安婦」被害者キムウルレハルモニ、21日午前死去)」
 以下、仁川日報を主にOhmyNewsで補完した自動翻訳を使った意訳;
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/23 21:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)

秋になってました 

 猫という動物は、たいてい日向ぼっこが好きな様子ではあるが、さすがにあまり日照が強い時期はする気にならないらしい。まぁ、真夏に日向ぼっこされて、熱中症になられても困るわけだけど。ちなみに、お嬢様ったら一度、熱中症になったフシがある(多少ぐったりしただけで、すぐに回復したけど)
秋になってからの方が、窓際で光合成…じゃなくて、日向ぼっこをしている猫を見る機会は多い。特に、うちの高齢猫は変温動物化でもしているのか、とりわけ日向に執着しているようだ。


坊っちゃん、ごろごろ言ってました^^


 今年は、去年に比べると気温が下がるのが遅かったようで、下僕に御下命がくだらなかった要求されなかったから思い出さなかったが(いい加減な…)、今年もそろそろ、炬燵を出す季節。
出そうとしたのはいいが、ぼっちゃんが手伝いに来たのでけっこう手間取った(^^;

 もちろん、本物の猫の手は役に立たない。…足元をウロウロして、はっきり言って邪魔だった(^^;
[ 2008/10/21 20:30 ] 猫便り | TB(0) | CM(3)

靖国神社・秋の例大祭における国会議員参拝報道 

 去年のこと。
10月18日付で、こんな報道が出ていた

 超党派の議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・島村宜伸元農相)は十八日午前、秋季例大祭に合わせ東京・九段北の靖国神社を参拝した。自民党の尾辻秀久参院議員会長ら衆参両院の六十七人が参加した。
 このうち、内閣からは西川京子厚生労働副大臣、加藤勝信内閣府、秋元司防衛の両政務官と山谷えり子首相補佐官の計四人が参拝した。
 安倍政権だった昨年の秋季例大祭には国会議員八十四人、内閣からは八人が参拝した。(後略)

(中国新聞'07/10/18報道より「67議員が靖国神社参拝 例大祭、内閣からは4人」より。強調は引用者による、以降も同様)

 あるいは17日付で、海外でもきっちり報じられていた。

Dozens of Japanese lawmakers prayed Thursday at the Yasukuni war shrine that has strained ties with neighbours, but the number was smaller than last year amid the new prime minister's opposition to visits.
(何十人もの日本の国会議員が木曜日に近隣国との緊張関係の元である靖国戦争神社を参拝したが、新しい首相が訪問に反対の意向なので去年より数が減っていた。)
...
No ministers in Prime Minister Yasuo Fukuda's cabinet took part, but four members of his cabinet without ministerial portfolios, who have lesser rank, visited.
(福田内閣の大臣は参加しなかったが、大臣職ではないランクの低い内閣のメンバーが四人参拝した。)
...
The size of the pilgrimage was smaller than last year, when 84 members of parliament went to the shrine in central Tokyo.
(参拝する人数は、84人の議員が参拝した去年より減少していた。)

(AFP 「Japanese MPs visit controversial war shrine (日本の議員が論議の的である戦争神社を訪問)」)


 それを取り上げた2007/10/28付の当ブログのエントリでは、「今年も参拝している67人はそれはそれでどうかと思いつつ、去年は参拝して今年は参拝しない17人の意識のありようにも疑問を感じてしまう」と言及したものだ。そして、今年も靖国神社では秋の例大祭が行われたそうなので、チェック。

[ 2008/10/19 18:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

国連・自由権規約委員会による第5回日本政府報告書審査が終了 

 10/15および16日に、ジュネーブの国連欧州本部で開かれていた国連・自由権規約(B規約=市民的および政治的権利)人権委員会による日本に対する人権状況審査が終了したそうで、報道が出ている。なんでも、10年前に行われた前回審査時の問題提起に十分な対応がなされていないとの批判が、委員より相次いだという。
 ところで肝心の話の前に。10年ごとというのは、そう決まっているのかと思っていたら、こんな報道があった。(以下、引用中の強調等は引用者による)
 共同通信 2008/10/17 10:05、
日本の死刑、代用監獄に批判続出 国連委、10年ぶり対日審査』から、一部。

 B規約委員会の審査は162の同規約の全批准国を対象に5-6年ごとに規約の順守状況をチェックする制度。今回の審査は日本政府の事前の報告書提出の遅れなどから、10年ぶりの審査となった。

…スタートから、印象の悪い真似をしていたらしい。そして…

 asahi.com 2008年10月17日10時13分付、
日本の死刑・代用監獄に批判相次ぐ 国連規約人権委審査」によると、

(略)
 死刑制度は98年の前回審査で「廃止に向けた措置」の勧告を受けたが、この間、執行数は増加した。委員からは「30年も死刑囚として過ごして70代で死刑が執行された事例は理解に苦しむ」「死刑を巡っては世界的に廃止の流れがある」といった指摘が出た。日本政府は「国民世論の多数が凶悪犯罪については死刑もやむを得ないと考えている」と従来の主張を繰り返した。

 警察の留置場を拘置所代わりに使う代用監獄制度については、委員が「取り調べが長時間になる一方、弁護士との接見が限られる事態を招く」と指摘。日本政府は「廃止すれば、日本の刑事司法制度の利点の基盤が損なわれる」と答えた。(後略)


 毎日新聞 2008年10月17日 東京朝刊、
死刑廃止:「勧告は…」国連人権委が日本批判』から、一部。

 委員たちは前回審査で「死刑廃止に向けた措置を取るべきだ」と勧告したのに、対応が取られてこなかったと不満を表明。「世論の支持」を死刑存続の理由に挙げる日本政府に、「この問題では、政府が世論をリードすべきだ」と指摘した。


 時事通信(via goo)2008年10月17日(金)08:30、
死刑制度に不満相次ぐ=国連委の対日人権審査で』から、一部。

(略)月末までに公表される勧告措置を盛り込んだ同委の最終見解書では、日本に厳しい判断が下されそうだ。日本政府は会合で、(略)国内世論があることなどを踏まえ、死刑制度を存続する方針を説明。これに対し、委員の間からは「人権問題である(死刑)制度の存廃を世論調査で決めるべきではない」などと批判的な意見が続出した。

この報道タイトルで「不満」と表現するのは、委員の批判が感情的という印象をもたらさないか(もたらしたいのか)と思えたりして。

 そして再度、共同通信『日本の死刑、代用監獄に批判続出 国連委、10年ぶり対日審査』から、一部。

閉幕に当たりポサダ委員長は「委員会はフラストレーションを感じたと思う。前回の政府見解から十分なフォローアップや(人権状況の)改善がなされていない」などと総括した。


 どの報道も、最終見解が日本に対して厳しい内容になる可能性を指摘している。
ところで、日本紙の報道は、批判が集中したのは死刑制度や代用監獄制度ばかりのように報じられているようにみえる。
だが。

 聯合ニュース(via 毎日経済)2008.10.17 05:58:17付だと、焦点が全然違う。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/17 17:23 ] 四方山話 | TB(4) | CM(7)

麻生総理、参議院予算委員会にて「河野談話を踏襲」と答弁 

 10月16日17時現在探しても、何故か毎日だけでしか報じられていないのだが。
毎日新聞 2008年10月15日 20時08分『麻生首相:従軍慰安婦問題で「河野談話を踏襲する」』。
報じている(多分)現時点で唯一の記事ですら、15日の参議院予算委員会で社民党の福島瑞穂党首の質問に、麻生首相が答弁したという内容のみの、たった二行である。

 まぁ、真っ正面から踏襲するかと問われれば、踏襲しないと答えることは、さすがにできないだろうけど。当たり前ではあるが、当たり前が解らない人もいるので、福島さんGJ

 とはいえ、まだ福島さんのブログにも情報は出ていないし、議事録は出ない。
出るのは、こちらなのでリンクを貼っておく、と。
・『福島みずほのどきどき日記
・参議院、『予算委員会 会議録

 そして、参議院インターネット審議中継で、『15日の予算委員会』を確認。

 福島みずほさんが、質問にたった時点から視聴する。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/16 17:30 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(6)

教科書検定関係、最新の動向(2008年10月15日) 

 昨年の今頃は、高校教科書への沖縄戦「集団自決」で軍強制の言及を削除した教科書検定に関したエントリをたくさん上げていた。その後、検定意見は撤回しないままで、「軍強制」の記述そのものは復活させない記述修正があって、その後の話はほぼ膠着状態であると認識していたので、エントリにはしてこなかった。
 本日、二件ほど気になるところが出ていたので、久々に教科書検定関係のエントリ。
 沖縄タイムス 2008年10月15日【朝刊】『1社、再訂正を検討/「集団自決」記述/執筆者間で方針確認』より、

教科書執筆者らでつくる「社会科教科書懇談会」は十四日、都内で第六回会合を開き、沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」をめぐる記述の再訂正申請について協議した。
(中略)
 会合には五社のうち四社の関係者が参加。執筆者で方針を確認した一社も会社側は「検討中」との考えで、再訂正申請の最終的な合意は得られていないという。

 同社の執筆者は「強制性を明確にするようあらためたい。少なくとも『強制集団死』を注釈に入れたい」とし、「昨年九月の県民大会などで抗議の声が上がったことも盛り込みたい」と話した。そのほかの三社は(略)現状が報告されたほか、他社が申請するのであれば同調したいとする考えもあった。(後略)

 その他、検定制度の改革における執筆者の守秘義務を容認しないことを確認し、31日に出る「集団自決」訴訟控訴審の判決内容を踏まえて次回11/15日会合で対応を協議するとか。

 そして、見て思わず「はぁ?」となったもう一件。
…(ニュアンスはともかく)こういう報道をきちんとしてくれる産経に、ある種の感謝はしている次第である。
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2008/10/15 12:30 ] 四方山話 | TB(2) | CM(12)

国連・自由権規約委員会による第5回日本政府報告書審査がはじまる(追記有) 

 継続して「慰安婦」問題に気をつけて報道を拾っているのだが、ニュースを見て回っているとこんな話を目にした。

 共同通信 2008/10/12 15:53付
国連自由権規約委、日本を審査 死刑急増に非難集中か(以下、強調等は引用者による)

 国連の自由権規約委員会は15-16日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で、日本政府が国際人権規約の自由権規約を守っているかどうか審査する。焦点は死刑や婚外子差別、従軍慰安婦問題など。とりわけ死刑は10年前の前回審査で「廃止に向けた措置」を求められたのに、執行が急増していることから、人権団体は「非難が集中する可能性がある」と予想している。
(中略)
 規約委員会は日本側の主張を踏まえ、今年5月に「死刑の極めて限定的適用という規約上の義務をどう考えているのか」「政府から独立した人権機関の有無」「婚姻最低年齢(男性18歳、女性16歳)の男女差別改正は検討したか」など29項目に上る質問書を日本政府に送付。これらの各点が審査の焦点になるとみられている。

なお、「日本政府は今回の審査に先立ち、2006年12月に自らの政策の適正さを説明する報告書を提出」しているそうだ。
 この前、国連人権理事会の普遍的定期審査があったところだが、注目しはじめると、そういうものがずいぶん色々ある事に目が向いてしまうものだと思いつつ、「国連の自由権規約委員会」について情報を集めたのでメモ。

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/14 19:30 ] 四方山話 | TB(2) | CM(7)

カボチャを使った、お手軽あんだんすー(もどき) 

 以前にアップしたエントリに、CoockPadで「 ちゃんゆぅ」さんという方がアップしているレシピがすごく美味しそうだと書いた。そして、どうもこのところ「肉味噌」系料理が気になって仕方ないので、「あんだんすーのお手軽野菜バージョン、にんじん☆肉味噌 」を作ってみた。

 ただし、元レシピでは豚ミンチ150gにニンジンが二本、調味料に味噌とか砂糖とか、いろいろなんだけど。。。私はどうした加減か、おかず系の料理に砂糖を入れるのが嫌、という嗜好の持ち主なので(といっても「白砂糖は魔薬!?」等と面白いことを主張するつもりはない、単なる個人的な味覚の好みだ)、元レシピのように70gも砂糖を入れるのに抵抗があったので省略して、甘みは味醂で付けた。


砂糖が少ない分なのか照りは甘いし、見映えは悪いとは思うが、その分カロリーダウンってことで(^^;


 味噌にニンジンの甘みと味醂の甘みがよくあって美味しい。
しかし、と、ふと思った。ニンジンじゃなくても美味しそう。
ということで、アレンジしてみた。


ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2008/10/11 18:46 ] 小ネタ | TB(2) | CM(7)

読書メモ;「人はなぜエセ科学に騙されるのか」 

 とある方が、カール・セーガン博士の「人はなぜエセ科学に騙されるのか」を勧められているのを横で見ていて、興味を持ったので読んでみた。

 原題が「The Demon-Haunted World : Sciense as a Candle in the Dark 」(悪霊に取り憑かれた世界で、科学は闇を照らす蝋燭)。カール・セーガン博士は、1996年12月末に亡くなったそうなので、遺書的なエッセイという位置づけであるらしい。入手したのは平成12年11月1日発行、青木薫氏の邦訳。

 身近に、これからこれを読む人がいる訳なのだが、非常に印象深かった箇所をメモしておきたくなった。

[ 2008/10/09 19:00 ] 備忘録 | TB(0) | CM(15)

韓国議会・女性委員会にて「慰安婦」名誉回復決議案が通過 

 韓国紙で一紙しか報道されていないマイナーニュースの様子ではあるが、この路線のニュースは当ブログにて、できる限り保存するつもりなのでお持ち帰り。詳報が出て、その時に余力があれば追記したい。また、今現在、決議案そのものも見つけられない(これが英語圏なら、議会サイトまで探しに行くのだけど、韓国語ではちょっとさすがに敷居が高すぎ)

 毎日経済(聯合)2008.10.08 11:31:32付、
여성위 '위안부 명예회복 결의안' 의결 (女性委「慰安婦名誉回復決議案」議決)』
 以下、自動翻訳をいくつかかけた最大公約数的なんちゃって翻訳のメモ。

 国会・女性委員会は、8日、日本軍強制「慰安婦」被害者の名誉回復のため、日本の公式謝罪、賠償要求決議案を議決した。
 決議案は、
▲日本政府は「慰安婦」被害者らに公式謝罪と、被害賠償をすること
▲歴史教科書に「慰安婦」に関する真実を反映させ、国会にて関連法を制定すること
▲韓国政府は、日本政府が謝罪・賠償などを履行するように積極的な役割を果たすこと
を促した。

 シン・ナッキュン委員長は、『「慰安婦」被害に関する日本政府の公式謝罪と賠償問題は、1993年国連世界人権大会から今まで提起され続けている世界的な懸案だ。18回国会で強制「慰安婦」名誉回復決議案が採択されるよう、最善を尽くす』と語った。


 なお、韓国国会の女性委員会とは、

2002年設置。 女性政策の企画・総合、 男女差別の禁止・規制など女性の地位向上及び乳幼児保育業務を担当する女性部の所管に属する議案や請願の審査などを行なう。

レファレンス 2005.4『韓国における女性の政治参加(リンク先はpdfファイル、国会図書館収録論文)』
というものらしい。
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/08 17:33 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」第5回大会がハーグにて開催 

 10月1日から三日間の日程で、「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」第5回大会がオランダのハーグで開催されてたという報道が共同から出ていたのでお持ち帰り。前回の第4回は2006年の8月26ー27日にフィリピンで開催されていたそうで、この「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」そのものは、2003年9月18日に上海で結成されたという。

日中韓などの民間団体が、日本の侵略戦争と植民地支配の清算を求めるために〇三年九月に中国の上海で結成した組織。二〇〇〇年十二月に「女性国際戦犯法廷」(東京)を成功させたアジアなど各国の団体は、〇一年に日本政府が「新しい歴史教科書をつくる会」主導の歴史をわい曲した中学生用歴史教科書を検定合格させたことをきっかけに、日本の過去の清算を求める国際連帯活動を活発化させました。〇二年五月には、北朝鮮の平壌で「日本の過去の清算を求めるアジア大討論会」を開催し、協議会が結成されることになりました。

2004年6月17日(木)「しんぶん赤旗」『日本に過去の清算求め国際大会 ソウル
 アジアの連帯願い 元「慰安婦」ら証言/右傾化に警戒』より。

 今回は、『戦時下の文民保護や捕虜の扱いなどを定めたハーグ条約(1899年調印)が1907年に改定されて101年になるのを記念して』ハーグで開催されたそうだ(101年目って、微妙にキリの悪い数字だとは思うが)

 そして、

韓国や北朝鮮、オランダ、日本など6カ国・地域の市民団体代表らが参加し(略、本大会で)4日「戦時中、多くの外国人を強制的に使役した過去に対して、言及も反省も行っていない」と麻生太郎首相らを非難する声明を採択

したそうで、また、

声明の草案は「ハーグ条約に基づいた日本の戦後処理は終わっていない」と指摘した上で、小泉純一郎元首相以来の首相を名指しして「歴史認識と反省を欠いた挑発的な外交姿勢を深刻に憂慮する」と述べた。



 そして、同じURLと同じタイトルで配信されている記事が、2008/10/05 00:18付だと少し内容が変わっていたのを確認したので新たに魚拓取得。加筆されていた部分は以下の通り。

 声明は「ハーグ条約に基づいた日本の戦後処理は終わっていない」と指摘した上で、日本政府に「真実の隠ぺいと歪曲をやめるよう求める」と述べた。

 大会では北朝鮮の「日本軍慰安婦および強制連行被害者補償対策委員会」の洪善玉委員長が「日本政府は謝罪し、犠牲者らに補償するべきだ」と述べるなど、各国から犠牲者ら個人への補償を求める声が上がった。



 草案に書かれた内容が,実際の声明でどうなったのか興味があるのだが,採択された声明が今のところ見つけられない。2008/10/05 00:18付を見るに、採択声明には盛り込まれなかったのかもしれないが、現在、「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」のホームページなどないか探索中。


 ところで、名指しだった麻生首相は、おそらくは、現首相であることだけが、非難で名指しされた理由ではないだろう。
桜井ジャーナル:マスコミが報道しない事実」さんの2008/08/20付

ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/10/06 20:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)

練習しないと歌ったりしゃべったりできない 

 今、現在進行形でやっているのが文字情報でのやりとりなのではあるが、我々ニンゲンがリアルでコミュニケーションをとる時、話したり聞いたりで、つまり音声を介して意思疎通をはかっている事が多い。

 それが何故できるかという話を少し前に聞く機会があった。音声を介して意思疎通をはかる能力は、他の個体の出す音声を学習し、自分でも発声して訓練して初めて身につく能力だそうだ。そして、こういった、学習による音声発声……発声学習という行動はヒトのみで見られる行動ではないという。

 といっても、我が家の猫やら犬やら、鳴き声である程度意思疎通がはかれる生き物が全てもっている能力というわけでもない。これらネコやらイヌやら、あるいは知能の高いサルでも生まれつきの発声しか行わず、それらの鳴き声によるコミュニケーションは、ヒトが行っている音声コミュニケーションとは違ったものだという。
[ 2008/10/04 00:00 ] 備忘録 | TB(1) | CM(5)

あの人物は民主主義国家において選出された知事ではないのか? 

 個人的にはあの人物が東京都知事であることは大変不本意な石原氏は、今年6月16日に日本記者クラブで会見した時にこう発言したと聞く。(ここ、および以降の引用箇所の強調等は、引用者による)

 2016年の五輪招致にあたり、都民の支持率が低いことについて「都民は何があっても当たり前になっちゃってぜいたく。なかなかやっかいだ」とぼやいた。

 石原知事は「小泉(内閣)時代は、拉致問題やサッカーW杯日韓大会で、いい意味でのナショナリズム、民族意識が高まって日本人の心情が高揚していたけど、そのうちに消えちゃった」と分析する一方で、「(都民の)意識を変えないといけないが、実際に決まればワーッと盛り上がると思う」とも語った。

2008年6月17日06時01分付 スポーツ報知『石原都知事が「都民は贅沢」…五輪招致の支持率低迷に』より。


…そして、2日に、東京五輪招致委員会が港区赤坂で1年前イベントを開催したそうで、そこでの石原都知事の発言が報じられている、のだが。。。


ユーザータグ:  『痴事もしくは恥事』
[ 2008/10/03 17:30 ] 四方山話 | TB(6) | CM(11)

魚拓保存ボランティア (2008年10月2日) 

 困ったものだ。
(尊敬する人達が揃って、魚拓がとれないって書いてる(^^;)

 この魚拓を掲示するエントリを上げた理由は、『たんぽぽのなみだ~運営日誌』さんの2008年09月30日付『性的被害の告白』のコメント欄に、友人であるja e w ck氏が2008年10月02日 08:42に投稿していたコメントによります。たんぽぽ氏の上記エントリ自体も興味深いものであり、たんぽぽ氏のエントリとja e w ck氏のコメントにて紹介されている各ブログのエントリも興味深いものなので、まだの方は是非ともご一読を。

 そして、このエントリの本来の主旨の方。
 


[ 2008/10/02 12:09 ] 未分類 | TB(2) | CM(8)

牛乳を嫌う食育の話 

 当ブログでもコメント欄でお教えいただいた『荻上式BLOG』さんの2008-09-24付『ちょwwww食育冊子wwwww』は、どこからどうつっこめばいいやら途方に暮れるほどのまとまったインパクトがあった。

タイトルの通り、肉と牛乳と砂糖が危なくて、ご飯がえらいということを主張する冊子。とってもすばらしい内容だったと思うので、みんなに紹介するよ!


 その後、『dj19の日記』さんの2008-09-25付『ちょwwww新風wwwww』で、その食育冊子を発行している会社が、かの、新風関連であることが紹介されていた。

 また、『土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。』さんの2008-09-25付『ギョーカイでは当たり前のこと。マクロビ信者以外は配慮してくれないと』で、

食育冊子漫画は荻上さんが紹介されたようにかなりキてるが、新風関連の食育冊子に比べれば表現は確かに穏当だが(別に食べたら癌になるとかそういうことは書いてなかったと思う)マクロビオティックにだってどうしてどうして、結構一見電波な内容も多いのですよ。

といった実態情報が追加された。

 そして、『PSJ渋谷研究所X(臨時避難所)』さんの2008-09-25付で、『美健ガイド社&真弓定夫の関連情報』として関連情報がまとめられ、30日付で情報が更新されていた。

 ところで、私も別ルートで、、、29日に某所にてとある方より関連情報をお教えいただいて、ネタにしようと準備していたのだが、、、ふとみると、亀@渋研Xさんの30日付更新分に含まれていたので、ちょっと残念だったりする(^^;
 だが、せっかく魚拓を撮って準備していたのでエントリにしよう。

 教えていただいた情報とは、桃青社という出版社がなんかそっち系という話。早速アクセスしてみると、トップページの左下には、かの、美健ガイド社のでかいバナー(?)が(笑)。そして、大きめのスペースをとって「連載企画」の一角があり、それぞれ「天の語り部」「子育ての処方箋」「時空の万華鏡」。

 「天の語り部」には、「水は、私たちにとって、まさに生命そのものです。人體の7割が水分であることは、どなたもご存知でしょうが、(略)地球は水の星、しかもわが国は、その豊かな水の恩恵に満ち溢れた国です。」との一節があり、何かがセンサーに触れそうだが、まだ詳細には見ていない(^^;
 「時空の万華鏡」の連載企画での今現在アップされている文章のタイトルは「制約・枠組みの中で日本は再生する」、小見出し(「次元の低い陰の時代だから残虐ないじめは起こった」「次世代へは魂しか継承できない」)を見ただけで引いたので、心に余裕があるときに改めて見てみたいと思う(^^;

 さて、残る「子育ての処方箋」。
文章が凄かった。ので、改めて誰が書いているのかと疑問を感じて、、、私はこの時点では恥ずかしながら真弓定夫氏を知らなかったのだが、、、一気にファンに注目してしまった。かの、美健ガイド社の食育漫画の監修にもたずさわってらっしゃるそうである。この「子育ての処方箋」連載企画は、現在WEB上にアップされているのが「第3回 お母さんが名医であるべき」のみであり、探してみたのだが残念ながらバックナンバーは見当たらなかった(だから、今ある分は急いで魚拓を撮っておいた)

「第3回 お母さんが名医であるべき」の閲覧画面(クリックで原寸大に)、魚拓保存の都合上、この画面は保存できなかったための措置。本来の「第3回 お母さんが名医であるべき」へは、ここをクリック


 では、その「第3回 お母さんが名医であるべき」をお持ち帰りして、部分的に抜き出しつつ、ご紹介。

数十年前まではお母さんが名医だった

 家庭においては、お母さんに名医であってほしいと思います。お母さんが名医であるためには、子どものときからの、20年間あるいは30年間の知恵がついているということが必須の条件になります。

…食育とかこの手の話になると、なぜ、一目散にお母さんに集中して責任があるような話になりますかね?

 食に関していうならば、昭和20年以前の食とそれ以降の食とを分けて考える必要があります。昭和20年以前の食事というのは、縄文時代から延々と伝わってきた日本人に合った食べ物が継続してありました。ですから、お母さんは名医であったわけですね。

…「縄文時代から延々と伝わってきた」? 
根拠についての言及はない。それ以前からは伝わっていないのだろうか?
弥生人は、縄文系と渡来系の人たちの混血で成立したとされているようだが、なぜ縄文なのだ?
縄文時代以降明治時代以前の渡来作物の立場はどうなる?
飛鳥時代には、醍醐などの乳製品が食べられてたそうだが?

 日本人に延々と伝わってきた体質の中に欧米化したものが急に入ってくれば、体に合わないのは当然の話で、その中でゆがみが出て、戦後60年間で病気がどんどん増えてきています。前にお話ししましたように、昭和30年(1955)から現在までの間に、人口は1.5倍しか増えていないのに、医療費は146倍にもなっています。

…寿命が延びていることはどう考えるんだ?

 そして、次の段落はすごい。冒頭の小見出しでずっこけた。
[ 2008/10/01 17:30 ] ニセ科学系トンデモ | TB(3) | CM(25)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。