FC2ブログ










現憲政下の閣僚在職期間歴代二位の短期記録 

 歴史に名を残したことだけは間違いないと思われるが、大変残念なことに、歴代最短記録更新はならなかったようである。

 「私が火の玉になる」と仰せの方は、火だるまになったようだ。
(以下の強調等は引用者の勢いによる)

中山成彬国土交通相は28日午前、首相官邸で麻生太郎首相に会い、一連の問題発言の責任を取り、辞表を提出し受理された。在任はわずか5日(後略)

(時事ドットコム2008/09/28-13:24付『中山国交相が辞任=国会混乱を理由、官房長官が当面兼務-首相「誠に残念」』(魚拓無し)より)


 就任五日での閣僚辞任は、現行憲法下では一九八八年、リクルート社からの政治献金問題で辞任した竹下内閣の長谷川峻法相の四日に次ぐ短さ。

スポンサーサイト



[ 2008/09/28 15:33 ] 四方山話 | TB(3) | CM(4)












無料カウンター