FC2ブログ










「慰安婦」問題に関連した情報二つ(2008年9月23日分) 

 タイトルをみると一見、「慰安婦」問題関連に見えなかったが、レイバーネットに興味深い記事があったのでお持ち帰り。

2008-09-22付『死ぬな!辞めるな!闘おう!通信~プレ企画開催される

 略さず書くと「日本と世界 10/19反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 9・20プレ企画」という企画だそうで、「人事交流=強制配転に反対する近畿郵政労働者の会」という組織が主催して9月20日に開催されたそうだ。ここで、戸塚悦朗氏による「『戦後責任を問う』-日本軍『慰安婦』問題」と題された講演が行われたとのこと。
 当エントリでは、上記の記事で紹介のあった「非正規労働者を抜きにして立ち行かない郵政4会社の実態と劣悪な労働条件・賃金体系に押し込められている非正規労働者の実態」報告は、上記にアクセスしていただくとして、戸塚氏の講演だけ引用させていただくこととする。

 「慰安婦」被害者らが声を上げた当初、日本政府はじめ旧軍関係者らは「単に朝鮮を始めとする国々の女性が日本軍を相手に自発的に売春を行ったものである」と主張し責任から逃れようとしたものの、まっとうな歴史研究者や市民運動家らの尽力によって、『被害者の証言を裏付け日本軍自らが「慰安所」を経営していた事実を明らかに』なってきた。そして、それらの事実が知れ渡るにつれ(ついでにそれを無かったことにしようとする言説が裏目に出まくったこともあって)日本政府が責任をとるべきとの国際世論の圧力が強まり、各国で「慰安婦」謝罪要求決議が相次いで成立した言及の後にこう続く、
スポンサーサイト



[ 2008/09/23 20:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(12)












無料カウンター