FC2ブログ










産経、予想通りの報道をする 

 タイトルは「黙然日記」さん風のつもりでつけてみました。
 あちらでも取り上げていただける予定なので、期待しつつ待ちながらも、これはちょっとうちでも展示しておきたくなったので、魚拓保存がてらのエントリ。

 MSN産経2008.9.18 22:57付
さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった…1
さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった…2
 阿比留瑠比記者の署名報道。
タイトルでいきなりつっこめてしまう。引退するのは河野洋平衆議院議長であって、「河野談話」が議長引退に伴って撤回されるわけではないのだが、いくら願望とはいえ面白すぎる(*)
 なぜ、「さらば“河野談話”」?

 河野氏に関し指摘しておかねばらないのは、宮沢喜一内閣総辞職のわずか5日前の5年8月4日、駆け込むように発表した「河野官房長官談話」の影響だ。

 この談話が世界で独り歩きした結果、日本は「性奴隷(セックス・スレイブ)の国」と決めつけられるようになった。日本が、事実と異なると反論しても「談話という形でコメントが出ているではないか」(マイク・ホンダ米下院議員)と言い返されるありさまだ。

 国連人権委員会には河野談話を根拠の一つとして1996年(平成8年)にクマラスワミ報告書が、98年にはマクドガル報告書が提出された。それぞれ、慰安婦を軍事的性奴隷とか、奴隷狩り同様の強制連行と指摘したりした内容だ。米下院が昨年7月、慰安婦問題に関する対日非難決議を行ったのも記憶に新しい。

 だが、河野談話は、行政文書など具体的な証拠に基づく談話ではない。(中略)

 河野氏自身も、9年に自民党の議連会合で行った講演で「『本人の意思にかかわらず連れてこい』というような命令書があったかといえば、そんなものは存在しなかった」と述べていた。(後略)

スポンサーサイト



[ 2008/09/19 18:08 ] 自爆史観 | TB(4) | CM(21)












無料カウンター