FC2ブログ










「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」第二回会合 

 6月6日に衆参両院で全会一致で採択された「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」と、採択直後に政府の公式見解として公表された『アイヌ民族について』の官房長官談話をふまえた措置として、『アイヌ民族の権利や地位向上を議題と』する「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」のメンバーが6月30日に決定され、8月11日に懇談会の初会合が官邸で開催されていた。

 報道によると、初回会合では、懇談会の委員であり、アイヌの生活相談員を18年間務めたというウタリ協会の加藤理事長が、実際に見てきたアイヌの人達の生活実態に関する事例を報告したという。

 そして、懇談会の第二回会合が、17日午後に首相官邸で開催されていたとの報道が出ていた。
今回は、高橋・北海道知事と加藤忠・北海道ウタリ協会理事長の両委員からの要望を聴取したそうだ。

スポンサーサイト



[ 2008/09/18 19:00 ] 四方山話 | TB(1) | CM(0)












無料カウンター