FC2ブログ










オーストラリアで「慰安婦」謝罪要求決議採択をめざすロビー活動が進行中 

 日本での報道が産経だけだったのであまり注目されていないが、昨年、2007年9月20日、オーストラリア上院で「慰安婦」に関する決議が採択されている。

 これは、アメリカ下院、オランダ下院、カナダ下院、欧州議会で採択された決議と違って謝罪や補償の要求はしていないが、『河野談話』が第二次世界大戦下での「強制的な性奴隷制システム(a coercive system of sexual slavery)について日本政府と日本軍の共謀を完全にまた公式に認めている」と明言しており、それが歴代日本政府と首相に継承されているものともはっきり言及した上で、被害者との更なる和解を促すものだ(当ブログ2007/09/27付「オーストラリア上院「慰安婦」和解推奨決議、その後 」)。

 この決議は、その前日、19日に野党である労働党、そして少数派の緑の党&家族党が提出して与党保守連合に否決された「慰安婦」謝罪要求決議翌日提出されて、多数派の自由党連合によって支持されて採択された。

 その後2007年11月の総選挙で、ラッド氏率いる労働党が、保守連合に変わって与党となった。そして、ラッド首相は2008年2月13日、それまでの歴代オーストラリア政府が成し得なかった、先住民であるアボリジニの人達への公式謝罪を行った。

 そんなオーストラリアで、最近また『慰安婦』関連の話も動いている。
 先だってトラックバックを頂いた「Stiffmuscleの日記」さんの8月15日づけエントリ『敗戦記念日の元「慰安婦」たちの声』や、当ブログでも8月18日付でアップしたエントリ「8月13日に韓国で「慰安婦」被害者ハルモニ達が日本大使館前にて第826回目の水曜デモ 」でも触れたように、そのオーストラリアでキャンペーンが進行中だそうだ。

スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/24 13:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)












無料カウンター