FC2ブログ










どれがそれ?これはどれ? 

 つい、この前、ネットでの縁は選択縁の最たるものだといった主旨の発言をした。
当然、血縁ではない。もちろん、地縁でもない。これらの(大抵の場合はほとんど)選択のできない縁とは違う、自ら選んだ縁だ。

 インターネットを介して、アメリカにいる人やオーストラリアにいる人と話すこともできるが、わざわざ話しかけるのだから、この人と話すことができれば面白そうという動機があるからこそ話しかける。そして、継続して話しかけに赴いて、友人と名乗らせてもらっても差し支えなさそうな関係を築くこともある。
 そんな経緯をたくさん経て、あらたに話が合う人と出会うこともある。
 あるいは、話が合うと思っていた人の、自分自身の価値観に照らして否定的に評価せざるをえない発言や、不信感をもってしまう振る舞いを見ることもある。その結果、友人と考えて差し支えなかったはずの交友関係が疎遠になることもある。

 これは、リアルの友人にだって、しばしば起こることだろう。ましてや、それよりもか細い、ネットの回線を通じた選択縁である交友関係なら、いわずもがな。


 では、自分自身の価値観に照らして否定的に評価せざるをえない発言や、不信感をもってしまう振る舞いを見ても、交流を疎遠にせず、我慢すべきなのか?


 他の人の価値観は知らないが、私はそうは考えない。初等教育や中等教育で同じような国語教育を受けているらしい者同志といったって、言葉が伝わらない事などざらにある。ネットでの交友関係ならば余計、よって立つ基盤が違うもの同志が出会っているのだから、考えの基本が違っているのは当たり前。同じ言葉でも違ったニュアンスで受け取ってしまうことも当たり前。ましてや、話がすれ違いだしたら。。。
 ならば、無理に交流して互いに不快になることはない筈だ。場合によっては、すれ違いの経緯で、言葉の暴力が発生する場合だってあるのだ。一方が暴力的と受け取る事態が生じるのなら、交流を避ける事は危機管理の側面をももつ。

 こうして交友関係があった物同士が疎遠になった場合、その双方と交友のある人にとって肯定的に受け取れられる状態ではないだろう。

 でも、その疎遠な状態を公に批判する事は、お互いに交友すべきであるという意思の表明として作用しかねない。ましてや、その批判に「袂を別って分断されていくことをよしとする」「勢力と闘う上での利敵行為じゃないのか、という提起」といった強い意味をもつ言葉を使って批判するなら。



スポンサーサイト



[ 2008/08/22 19:30 ] 未分類 | TB(4) | CM(24)












無料カウンター