FC2ブログ










8月13日に台湾で「慰安婦」被害者阿嬤達が日本政府に向けた抗議書を手渡し 

 やや遅ればせながら、8月15日やその前に、各国で『慰安婦』問題解決を求めるアクションがあったので集めて保存。
日本(政府)が、抗議を受けている立場だって事は、人目につくところにメモしておこうか、と。

 まず、台湾で。

 自由時報 大台北新聞 2008.08.14付より、
慰安婦阿嬤 向日遞交抗議信 (「慰安婦」阿嬤(=おばあさん)日本に向けて抗議の手紙)」
…例によって自動翻訳の手直しで、超意訳にして保存だけど、今回の自動翻訳は、これまでのと違ってえらく妙な訳を返してくる。どうも、自動翻訳は北京語対応で、広東語だとつらい、とかそういうことらしい。というわけで、意訳の要素が非常に強いので念のため。

 明日は、第二次世界大戦における侵略国の一つ、日本が投降した63周年にあたる。この日、韓国、フィリピン、アメリカ、ドイツなどの人権団体が「慰安婦」運動を開催するが、我が国では婦女救援基金會などの婦人権利団体が支援して「中元慰安祭」を同時開催する。

 13日には、日本交流協會前で、老齢の台湾籍「慰安婦」被害者に同行した百人近い参加者が「日本は謝罪して、私の尊厳を還せ」とスローガンを叫び、日本交流協會職員に日本政府が早急に正式謝罪と賠償するよう求める抗議書を手渡した。
 日本交流協會で接見した人物は、抗議書を受け取ると、即座に立ち去った。

 婦團與民進黨(党)の立法委員である黄淑英らは、立法院が「日本が一刻も早くに、『慰安婦』問題を解決し、被害者に賠償し、戦争責任を負い、被害者の名誉を回復するよう求める」決議を、一會期中に提案し通過させ、日本政府に圧力を加えると語った。


その他;
スポンサーサイト



ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2008/08/16 23:59 ] 自爆史観 | TB(3) | CM(0)












無料カウンター